いずみ会計事務所の「ためになるブログ」Season2

東京都千代田区二番町(麹町)で開業している「いずみ会計事務所」のブログです。税務・経理や会計の最新動向から、顧問先企業のご紹介まで、女性税理士ならではの視線で綴ります。

オススメ店「ノルブネ 麹町店」(千代田区二番町)

 麹町駅から徒歩1分、日テレ通りにも程近い韓国料理のお店です。韓国の民家(といっても韓国に行ったことはないのですが^_^;)を思わせる木の扉を通り抜けると、店内はいつも熱気にあふれている、パワフルなお店です。

 一番のオススメは石焼ビビンバ(850円)。モヤシやほうれん草などの野菜たっぷりの具材は辛すぎず濃すぎずちょうどよいお味。石焼き用の器に入ったご飯は、当然おいしい「おこげ」つき。下のほうから「おこげ」つきご飯をぐいっとかきだしながら、たっぷり野菜の具材とよーくまぜて、ハフハフいいながらいただく!コレできまりです。
 辛さが足りないときは、手元の香辛料で味が調節できるので、辛いもの好きな方でもおいしくいただけると思います。

 このお店のランチメニューは全品850円均一とリーズナブルな上に種類も豊富です。ランチの冷麺がおいしかった夏が懐かしい今日この頃ですが、これからの季節は鍋物系ランチを制覇したいと思っています(^_^)。
img4c7f0dffrni8gw

クレジットカードの入金手数料は消費税の非課税取引

 最近、クレジットカードを使う機会が大幅に増えています。最近ではNHK受信料、電気代やガス代などの公共料金にいたるまで、クレジットカードが利用できるようになりました。

 先月、国内大手クレジットカード会社12社が「公金クレジット決済協議会」を設立するための準備委員会を立ち上げました。
 税金や国民年金、水道料金などの「公金市場」といわれる分野にクレジットカード決済を導入するための課題整理やインフラ面の検証を行う協議会の設立に向けて、準備が進められているようです。

 税金や国民年金などがクレジットカードで支払えるようになると、さらに便利になるかな、と感じています。


 消費者にとっては、「手持ちの現金がなくてもすぐに決済ができる」「手数料がかからない」「カードのポイントが貯まる」などのメリットがあるクレジットカードの利用。
 でも、店舗側の事情は少し異なります。


 クレジットカードの加盟店になると、カード発行会社からの入金はカード料率による手数料を差し引かれて入金されます。

 そのカード料率は実店舗で3〜5%(インターネットショップでは5〜7%)です。

 たとえば、1万円の商品代金がクレジットカードで決済されると、300円〜700円の手数料が発生するわけです。
 利益率の低い商品などでは馬鹿にならない手数料です。


 さらに、この手数料は消費税の課税取引にならないため、仕入税額控除することもできません。

 なぜなら、カード発行会社との取引は宅急便等の代金引換(代引き)サービスとは異なり、債権譲渡取引とみなされているからです。

 つまり、カード発行会社からの入金額(売上代金−手数料)は売上代金(売掛金)をカード発行会社に債権譲渡した額とみなされ、売上代金と実際の入金額との差額(手数料)は債権の譲渡損失として処理することになるのです。

 消費税法では、売掛金その他の金銭債権の譲渡は非課税とされています。

 したがって、クレジットカードの手数料(=譲渡損失)は仕入税額控除の対象にはならないのです。

 公金分野に関しては、税・料という特殊性や契約の対象が国や自治体となること、また、公金に関する諸法令の面でも、業界として関係省庁との様々な協議や確認を行う必要があるようです。

 公金をクレジット決済できるようになるには、手数料の問題等も含めて解決すべき課題がまだまだありそうですね。

オススメ店「吉田」(千代田区一番町)

 麹町駅から徒歩5分程度、日テレ通りから1本入った閑静な文教地区にあるお蕎麦屋さんです。京風の塗り壁に小さな木の引き戸、とても上品な外観のお店は蕎麦屋というより高級なお寿司屋さんのようです。店内は10名ほどが座れるカウンターの席と、やはり10名ほどが座れる大きなテーブル席が1つ。格調高い和の佇まいが心地よく、あわただしいビジネスの時間を忘れそうになります。img85b40dd3xs4xow
 いただいたのは生湯葉かき玉そば(1260円)。お蕎麦はやや細めなのに腰があり実に美味。湯葉なのに(^^;)食べていると贅沢な気分になる、ボリューム感満点の湯葉もポイント高いです。おつゆは出汁がよくきいているのに甘すぎず辛すぎず、これまた実にいいお味です。
 せいろ(630円)ならば、このお店のお蕎麦の香りも楽しめます。ただし、量はかなり少ないので、2-3枚一気に頼むのがオススメです。

 ランチタイムは女性一人でも気軽に入れるお蕎麦屋さんですが、夜は常連さんの多い割烹になります。(予約をした方が無難?!)「いきつけの一軒」にしてみたい感じのオススメ店です。

決算月を決めるときは慎重に、よく考えて!

 会社を設立しようとする時、必ず決めなければならないのが決算月です。

 決算月とは会社の事業年度の終了する月をいいます。
 「当社は3月決算です」というのは、その会社の事業年度が4月から翌年3月であることを示しています。

 この決算月ですが、みなさんはどのように決めましたか?
 決算月を決めた理由として良く聞くのは、「3月決算の会社が多いから」「設立日から1年後だから」「その月が比較的に暇だから」「知人に勧められたから」「なんとなく」・・・などです。


 会社の決算月は経営的にも税務的にも重要です。

 なぜなら、その事業年度の成果は決算月に決まります。
 銀行や投資家、取引先、就職希望者などに公開する財務資料や支払うべき税金は決算月にほぼ決まってしまうのです。決算調整という処理もありますができることはごく僅かです。

 決算月は、慎重に考えて決めるに越したことはないのです。


 では、どのような決め方があるのでしょうか。

 いろいろな考え方がありますが、一例として決算月を「売上の最も大きな月」の前の月にする、つまり「売上の最も大きな月」を事業年度の開始月にする、という考え方があります。

 「売上が最も大きな月」とは「最も期待が大きい月」、裏返せば「期待はずれの場合にもっともダメージが大きな月」になります。

 これが決算月だとしたら、そのダメージを取り返す猶予がありません。
 逆に、決算月に期待以上に売上が上がって大きな利益(=大きな税金)が予想される場合でも、得た売上を経費に回して、経営上の投資をする猶予がないのです。

 さらに、決算月に大きな売上が上がると、その2ヶ月後にはその分の消費税を法人税と一緒に納付しなければなりません。
 特に手形取引などの場合は資金繰り的にも厳しくなります。


 もし、これが事業年度の開始月であれば、1年かけて対策を考えていけばよいのです。

 決算月の決め方は業種や現金取引の有無、売上の季節変動の有無などによっても変わってきます。
 ご自分で決められる前に、一度専門家へ相談なさることをオススメいたします。

オススメ店「黒うさぎ 麹町店」(千代田区麹町)

麹町駅に直結しているクリスタルシティにある沖縄料理のお店です。豪快な南国風の外観ですが内装はシックな感じ。駅近くというあわただしい場所ですが、とても落ち着いた雰囲気です。ランチタイムはOL、サラリーマンを問わず、幅広い年齢層の方で店内は一杯です。

 ランチはソーキそばやジーマミーそばなどの沖縄そばのセットを中心に、ゴーヤーちゃんぷる定食やタコライスなどご飯モノも充実。昼間から伝統的な沖縄料理を楽しむことができます。
 定食やご飯モノの素朴で力強い味わいも捨てがたいのですが、オススメをひとつ選ぶとしたら沖縄そば。かつおだしと豚骨がよくきいたスープは、食後に全部飲み干してしまいそうなくらい、さっぱりしていて美味。沖縄そば独特の麺や角煮もスープによくあっていてこれもGood。650円というお値段も、とてもリーズナブルです。

 ディナーでは豊富な種類の泡盛や黒糖焼酎が楽しめます。ランチには出ないミミガーやスヌイ(もずく)などの一品料理もしっかりしたお味で、夜も楽しめるお店です。沖縄料理の好きな方にはぜひオススメしたいお店ですよ。
imge32af79bxs5d3g
imge32af79bxs5d3g

自動販売機は設置場所などにより消費税の扱いが違う

 我が国の自動販売機の設置台数は2002年末現在で552万台。
 約半数の自動販売機は清涼飲料水を扱っていますが、いまや自販機で買えるものといえば、たばこにお酒、アキバ名物おでん缶に至るまで、実に多種多様です。

 特に屋外に設置された自動販売機の数は世界でも類を見ないほどだそうです。


 ところで、消費税で簡易課税を選択している場合、この自動販売機の設置場所によって取扱いが異なるということ、ご存知でしたか。

 消費税の簡易課税を選択した場合、業種によって異なる「みなし仕入率」で税額を計算します。自動販売機は設置場所によってその業種が異なるのです。


 まず、もっとも多い屋外設置の場合は第二種(小売業)となります。
 自動販売機利用者が業者だけに特定できる場合などは第一種(卸売業)でも良いのですが、一般的にはその区分をするのは難しいため小売業で処理されるケースがほとんどです。


 屋内の場合は少々複雑です。

 たとえば、建物のホールや通常のオフィス内に設置された自動販売機の場合は屋外設置と同様に第二種(小売業)となります。

 しかし、飲食店内に設置された自動販売機の場合は第四種(その他事業)になります。

 この場合、飲食店に設置された自動販売機で提供された飲食物は飲食店において提供された飲食物と同じであると解釈されるわけです。

 簡易課税では飲食業はその他事業として分類されますから第四種です。ちなみに、飲食店であるかどうかの区分は飲食スペースの有無により判断されます。


 また、自動販売機を設置料だけもらって設置している場合は第五種(サービス業)となります。


 1ヶ月ほど前ですが、渋谷のスクランブル交差点に夢のような自動販売機が登場しました。
 お金を入れてボタンを押すと、なんと!きれいなお姉さんが商品を手渡ししてくれるのです。
 うれしいような?「それって自動販売じゃないよ」とつっこみたくなるような(^^;)

 これは、製菓メーカーの東ハトとINFASパブリケーションズのコラボレーションで実現した「日本初の有人自動販売機」で、キャラメルコーンの新製品や雑誌のバックナンバーなどを販売していました。(9月のキャンペーン期間中のみの設置、現在はありません)

 もし、この有人自動販売機に簡易課税を適用するとすれば、小売業、という扱いでしょうね?!

オススメ店 「文字平」(千代田区二番町)

 日本テレビのすぐ近く、ビルの1階にひっそりと佇むお好み焼きのお店です。といってもランチでは地鶏を使ったランチメニューが並び、お好み焼きは夜のメニューになります。

imgf58c87e0xxgoz3 ランチタイムのオススメは、このお店の名物(だと思う?!)親子丼(800円)。福島県産の新鮮な地鶏と浅間高原の自然卵、厳選された無・低農薬野菜を使っている、と宣言しているだけあって素材の味が抜群です。
 よく効いたダシと鶏肉本来の味との相性もとてもよいです。卵はちょうどよい半熟で、表面はトロッとしていますが、中は箸を入れても卵が流れ出さない程度に火が通っていてこれまたGood。ご飯もかなり美味しいので、さらさらといただける親子丼です。これにお味噌汁とサラダの小鉢、漬物がついてきますので、ランチとしては十分なボリュームなのもうれしいポイントです。

 実はこのお店、いずみ会計のある「番町ハイム」の1階にあるお店。あまりにも近すぎていく機会がなかったのですが(^^;)行ってみてびっくり。こんな近くにこんな美味しいお店があるなんて、どうして早く気づかなかったのかしら?!

ご存知ですか?取締役の任期延長

 5月に施行された会社法では、株式譲渡制限会社(非公開会社)は旧商法で原則2年とされていた取締役の任期について、定款を変更することで最大10年まで延長できることになりました。


 取締役の任期を延ばすことのメリットは、株主総会での手続き事務や登記事務から解放されることです。
 また、役員変更や再任の登記費用も節約できます。

 一方で役員の任期を延ばすデメリットは、まず、登記を失念しやすくなることです。
 最大10年という長期間ですから、前回はいつ登記したのかを忘れてしまう危険があるのです。

 登記を怠ると過料が発生します。さらに12年間なにも登記しないと会社は「みなし解散」させられてしまいます。


 また、任期中の取締役の解任が困難になることも予想されています。

 というのも、株主総会の決議で取締役はいつでも解任できるのですが、会社法では「解任のための正当な理由がない場合には、その者は会社に対し損害賠償を請求しうる」と規定されているからです。


 大阪市信用金庫が取引先1173社から回答を得たアンケート調査によると、取締役の任期を「延ばす」という株式会社は22.4%、これに対して「未定」と答えた企業が53.2%を占めていました。

 様子を見ている企業が多いのかもしれませんが、メリット・デメリットを見極めて、利用できるならば利用したい制度だと思います。

 たとえば、会社法で設立が認められるようになった取締役一人の株式会社の場合などは、任期10年の設定が多いようです。