いずみ会計事務所の「ためになるブログ」Season2

東京都千代田区二番町(麹町)で開業している「いずみ会計事務所」のブログです。税務・経理や会計の最新動向から、顧問先企業のご紹介まで、女性税理士ならではの視線で綴ります。

クライアントと伴に走りながら成長しつづける「うらやま社会保険労務士事務所」

 今日ご紹介する企業は、うらやま社会保険労務士事務所です。いずみ会計は、年末調整等の税務面で一緒にお仕事をさせていただいています。お話は、社会保険労務士の浦山先生にうかがいました。

■人事労務全体を見てリスク喚起できる豊富なキャリアと専門家ネットワーク
-御社の事業について
浦山先生「労働保険や社会保険の事務・提出代行や人事労務における相談、指導などのいわゆる社会保険労務士(社労士)業務を行っています。

 おかげさまで、社労士の実務は19年目になりました。会計事務所で6年、その後大手アウトソーサーで7年などのキャリアを経て今年8月に独立しました。
 会計事務所の頃は、事務所クライアントである中小企業を中心に100社ほどを担当し、大手アウトソーサーでは東証一部やジャスダックの上場企業など、大手企業を担当しました。」

-いずみ会計も税務面のお仕事をさせていただいています。
浦山先生「ひとつの会社の人事労務をトータルで見てリスク喚起することが社労士の仕事です。

 たとえば海外に赴任される方がいた場合、日本の所得税の対象になるのか、など人事労務のお仕事には税務が絡むことが多いんですね。

 そのときに、『ここは税理士の先生に聞いてください』とクライアント任せにするのではなく、私のほうで提携している税理士や他の専門家と相談し、アドバイスするようにしています。」

imgcb464bbbzik0zj

■最新のシステムと細やかなメンタルサポートで人事担当者をバックアップ
-現在も大手企業のクライアントがいらっしゃいますね。
浦山先生「大手企業向けには、業界最先端のWebシステムをご用意しています。事務手続きの確認はもちろん、勤怠管理や社員台帳、給与台帳などの閲覧管理ができるシステムで、業務の効率化をサポートいたします。
 また当事務所は官公庁への電子申請も先駆的に行っています。」

-人事労務担当者向けサービスもありますね。
浦山先生「人事担当者向けの教育も承っております。『伴走』と言っていますが、お客様がわかるまで、いつまでも伴に走る。その結果、お客様が一人でできるようになっていく姿を見るのは、とてもやりがいを感じます。

 また、人事担当者は、人事に関わる秘密事項を知りうる立場にあるため、社内の立場が特殊で孤独になりがちなように感じます。そうした孤独感に寄り添える社労士でありたいですね。」


■創業の熱い想い。起業家とともに成長することを目指して
-今後の目標は?
浦山先生「中小企業は人事労務のことは後回しになりがちですが、知らずに法律に違反することがあります。その前に、ぜひ一度ご相談いただきたいですね。

 起業して改めて感じたのは、どんな小さな企業でも、腕一本で独立した熱い想いがある、ということなんです。その想いと伴に走りたい、一緒に成長していきたいというのが、独立して見えてきた新しい目標です。」


■いずみ会計に一言!
浦山先生「普段の会話などは豪放磊落(笑)、男性的な一面がありながら、連絡がとてもマメだったり、きめ細かい女性的な面も持っている先生です。浦田先生とは浦・浦コンビなので、今後もよろしくお願いいたします。」
(取材協力:ライター山崎実由貴)


■企業名:うらやま社会保険労務士事務所
【住所】東京都中央区日本橋1-21-4千代田会館3階
【TEL】03-6202-2800
【FAX】03-6202-2801


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから

手間隙惜しまず行動し、お客様の信頼を獲得する「株式会社シンクキューブ」

 今回ご紹介する企業は、株式会社シンクキューブさんです。業務システムの導入サポートやコンサルティング、ソフトウェアの開発を手がける企業です。
 お話は代表取締役の中川社長にうかがいました。

■Windows95の衝撃。企業内起業で事業をスタート
-御社の事業について。
中川氏「事業の柱は大きく3つです。
 1つ目は勘定奉行シリーズ(OBC)、PCA会計シリーズ(PCA)、弥生会計シリーズ(弥生)などの業務パッケージソフトの販売・導入・運用支援業務。
 2つ目はOBC社とのパートナー契約に基づき、勘定奉行シリーズのカスタマイズ。
 3つ目がオーダーメイド・コンピューターシステムの設計・製作・販売です。」

-起業のきっかけは?
中川氏「13年ほど前にWindows95をはじめて見たときに、画面のわかりやすさと値段の安さに衝撃を受けました。これからは中小企業でもコンピューターを使って経理処理する時代になると直感して、当時勤めていた会計事務所系コンサルティング会社に事業部を立ち上げました。」

-企業内起業という形ですね。
中川氏「そうですね。おかげさまで順調に売上が伸びて、3年後には社の本業であるコンサル業務の売上高を上回るほどに成長しました。
 会社の社長から独立したらどうか、というお話をきっかけに、ゼロから再スタートすることを決めました。」


■情報を集め、考え、やるしかなければやってみる
-順調に大きくなっていった事業ですね。
中川氏「ところが、はじめのころは事業、と言っても業界のことが何もわからなかったんですね。
 NEC本社の受付に行って『御社のパソコンを仕入れたいんですが』と相談したり、半年間で13,000件くらい飛び込み営業して売上高が30万円くらいだったり(笑)。

 でも、飛び込んでいったおかげで、NECの方からこの業界の仕組みや仕入先を教えていただいたり、ユーザーのニーズをつかむことができたり、と学ぶことが多かったですね。
 この体験が、後の業績拡大につながっていったと思います。

 行動を起こすときは現状で自分が入手でき得る限りの情報を入手し、精査し、即決しますが、入手できない情報があるときや誰もやったことがないことなどは、まずやってみる。
 それによって痛い目にあうこともありますが、自分から動いてあった痛い目は忘れないですね。」


■手間隙惜しまず行動し、汗をかいた「仕事」が最大の営業
-社長が心がけていることは?
中川氏「手間隙惜しまず行動し、汗をかくこと。当社の社員も手間隙惜しまず実現する力があると自負しています。
 そうして手がけた仕事はお客様からもご評価いただけていると思います。仕事が最大の営業ですね。」

-これからやりたいことは?
中川氏「私にとって、ソフトウエアは表現の1つの形です。現在、オーダーメイドで作っているパッケージソフトのノウハウを集約してシンクキューブの名前でパッケージソフトを出すことが夢です。好きで始めた仕事ですが、この仕事にめぐり合えてよかったと思っています。」


■いずみ会計に一言!
中川氏「明るい雰囲気とさばさばしたお話を聞いて、初対面から話が合いそうな先生だな、と思いました。創業5年目を迎えましたが、これからもご指導のほどよろしくお願いします。」
(取材協力:ライター山崎実由貴)



株式会社 シンクキューブ
【住所】東京都江戸川区篠崎町7-19-8
【TEL】03-5243-4300
【FAX】03-5243-4303

独自のソリューションと企画力で成長を続ける「有限会社イープラクティス

今回レポートしたのは、東京都新宿区にある有限会社イープラクティスさん。Eビジネス専門のコンサルティング会社です。
 お話は代表取締役の蒲(かんば)社長にうかがいました。

■これまでのコンサルが荒らした畑を耕しなおすソリューション
-御社の事業について
蒲氏「当社の事業は大きく3つ。1つはコンサルティング事業、2つ目は求人サイトの運営、3つ目は教育事業です。」

-コンサルティング業務について
蒲氏「大手企業の多くが、これまで受けてきたソリューション提案に対して疑問を持っています。当社はそういった疑問を解説するために、クライアントのWebサイトを高度なレベルで分析し、まず現状の問題点を理解していただきます。その上で、今すぐに実現可能な施策と将来必要となる施策を、そのコストも踏まえて提案します。
 コンテンツ作成や短期的なキャンペーンサイトの構築よりも、クライアントの経営戦略や事業戦略をもとにEビジネス関連のソリューションを行うことが多いですね。クライアントの満足度が高いからなのか、幸いにもサービスのリピート率は9割近くです。」
img41918c2ezik6zj

■Eビジネス関連の情報を集める求人サイト「イーワーカー」
-求人サイト「イーワーカー」について
蒲氏「『イーワーカー』は掲載無料の求人サイトです。Eビジネスの業界は人材の流動が激しく、人材募集に多大なコストを使います。その現状を何とかしたいと思って構築したのがイーワーカーです。
 どちらかというと求人サイトとしての成功ではなく、Eビジネス関連の情報を集め、業界のビジネスマンが集う場を作ることを目的としています。最終的には教育や人材確保につなげていきたいと考えています。」

■市販本では学べないスキルが習得できる研修を企画中。事業の柱に
-教育事業について
蒲氏「転職希望のビジネスマン向けの研修を行い、将来的には高度なスキルを身につけた方を企業にご紹介していく仕組みを作りたいと思っています。今後の事業の柱として育てていく予定です。」

-具体的な研修内容は?
蒲氏「たとえば市販のノウハウ本には載っていない、企画書作りのための実践PowerPoint講座などを計画しています。夏以降に具体化すべく準備を進めています。」

■いずみ会計に一言!
蒲氏「会計的・税務的なアドバイスは専門家の意見として参考になります。当社の場合、会計処理の実務的な流れがわかっていたほうがクライアントと踏み込んだ話ができるため、会計帳簿は自分でつけています。今、利用している「e-税務会計顧問サービス」は、自分で帳簿をつけたい私のニーズにぴったりです。」
(取材協力:ライター山崎実由貴)

■有限会社イープラクティス
【住所】東京都新宿区下宮比町2-28 飯田橋ハイタウン1020
【TEL】03-6279-3405
【FAX】03-6279-3406
【お問い合わせ】info@epractice.co.jp

いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから

犬の散歩で通学路を見守る!「NPO法人 日本社会福祉愛犬協会」

 いずみ会計のお客様は飲食店だけでなく、様々な業種に及びます。金曜日のブログでは、オススメレストランと交互に、顧問先企業の魅力的な活動のレポートを掲載いたします。

 まずご登場いただくのは日本社会福祉愛犬協会さん。昭和48年創立、昭和58年からは社団法人として活動してきましたが、平成15年10月に内閣府認証のNPO法人として新たな活動を始めました。
 お話は常任理事の中(なか)事務局長にうかがいました。

■犬を通じて社会に貢献する活動を
-協会の活動概要を教えてください。
中氏「まず、創設以来行ってきた全犬種の血統書発行や犬に携わる専門家の育成、ドッグショーなどを行う犬種の保護・育成活動が1つ。世界各国にルーツを持つ純粋犬種は長い年月をかけて育まれた文化なのです。
 日本では柴犬や秋田犬など6犬種が文部科学省から天然記念物に指定されています。交雑するとすぐに滅びてしまう『世界の純粋犬種』を守っていくことは文化を守ることと同じだと思っています。
 もう1つが、愛犬の散歩時に協会発行のバンダナ等を着用して学童の通学路をパトロールする地域防犯パトロール『犬のおまわりさん』の全国展開です。これはNPO法人になってからはじめたボランティア活動です。
 いずれの活動も、犬を通じて社会に貢献することが目的です。」
img098dbca3zik8zj
■愛犬の散歩で通学路を見守る画期的アイデア
-「犬のおまわりさん」活動について
中氏「毎日、朝晩行っている犬の散歩時間を利用して、通学路を見回りしよう、ついでに子どもたちに声かけしよう、というのが基本の活動です。
 バンダナや腕章をつけて犬の散歩をすることで、この地域の人たちは防犯意識を持って子どもたちを見守っている、ということがアピールできます。また、犬の散歩は予定表どおりに行うものではないので、いつ、誰が来るかわからない。犯罪者にとって犯罪しにくい地域づくりをめざしています。
 犬の散歩をしながらできるというのも、無理なく続けられるポイントだと思います。」

-メンバーはどのくらい?
中氏「おかげさまで、活動を開始した平成16年末時点で約2万人のメンバーが集まりました。現在は5万人くらいのメンバーが犬のおまわりさんとして活動しています。
 活動は新聞の全国版やNHKテレビをはじめ地域メディアにも度々取り上げられています。」

■いずみ会計に一言!
中氏「当協会は全国5つのブロック(支部)があります。浦田先生のアドバイスを受けて各ブロックを任意団体として届出を行い、毎年申告する体制を整えました。経営的な面だけでなく、組織作りなどもご意見をいただき、大変に助かっています。」
(取材協力:ライター山崎実由貴)

内閣府認証NPO法人 日本社会福祉愛犬協会
【事務局】〒110-0015 東京都台東区東上野4-13-7警察犬会館6F
【TEL】03-3847-5297
【FAX】03-3847-5438
imga5dd671azik1zj

オススメ店「蕎麦 椎葉」(千代田区平河町)

img29a2677fzik8zj 麹町駅からは徒歩2分ほど、平河町にあるお蕎麦のお店です。お店の名前が書いてある大きな暖簾(というか布?)が目印、和風のエントランスが印象的です。蕎麦屋さんにしては思いのほか広い店内は、いかにもお蕎麦のお店という雰囲気です。お店の中はほとんどが男性のお客様。お蕎麦は女性より男性に人気な気がするのは、私だけでしょうか?!


 オススメは天丼セット。「かけ」か「せいろ」から選べるおそばと天丼のセットで、980円とお値打ち価格。ボリュームとあいまって男性に人気なのも納得です。いただいた「せいろ」のお蕎麦はのどごしがよく、つるつると美味しくいただけます。天丼もたれが美味しくしみていて、セットの天丼にしてはポイントの高い味つけです。
 もうひとつオススメは田舎そば(750円)。蕎麦にしては珍しい中太打ちで、歯ごたえがいい感じです。やや黒っぽくて、お蕎麦の香りと甘みを感じるなかなかの一品。通常の「せいろ」とは一味違う味わいです。

 お店の名前は、宮崎県の椎葉村に由来するそうです。夜になると宮崎の地酒や一品料理も充実しています。最近何かと話題の宮崎県を堪能しに行きたいお店ですね。

10万円以上の振込禁止には、早めの対策を!

 先日、税務購読紙などのまとめ支払いで10万円ちょっとの振込みがあったときのことです。

 事務所の職員が先方指定の郵便局払込用紙を使って窓口から現金支払しようとしたところ、私と職員の身分証明がないと振り込めない、と言われてしまいました(汗)。


 これは、今年1月1日から「本人確認法施行令」「本人確認法施行規則」が改正され、10万円を超える現金送金などを行う際には、金融機関は送金人の本人確認等を義務付けられるようになったからです。

 国際的な問題となっているマネーロンダリング(資金洗浄)やテロ資金への対策として施行されました。

 これにより、銀行や信用金庫、郵便局などで10万円以上の現金を振り込む場合の取り扱いが、以下のように変わっています。

<窓口>
・本人確認書面の提示が必要
<ATM>
・10万円以上の現金振込はできません
<キャッシュカード>
・従来通り振り込めます(ただし、キャッシュカードの本人確認を受けておく必要があります)
<インターネットバンク>
・従来通り振り込めます

 ちなみに、本人確認書面は個人と法人で異なります。
<個人>
運転免許証、パスポート、年金手帳、保険証、外国人登録証明書、印鑑登録証明書など
※現在有効、または発行後6ヶ月以内のもの(書類によって異なる)
<法人>
登記事項証明書、印鑑登録証明書、官公庁発行の住所入り書類など
※発行後6ヶ月以内のもの

 会計事務所の職員や法人の社員が窓口で振込を行う場合は、振込み名義人(個人、法人)と代理人の両方の本人確認書面が必要です。ただし、税金の支払いの場合は本人確認が不要になります。

 金融機関が混雑する月末。
 窓口であわてないように、口座からの振込準備、キャッシュカード本人確認、自動振替サービス利用などの早めの対策をお勧めします。

オススメ店「ヘルシー館」(千代田区六番町)

img793c81abzikazj 日テレ通り沿いにある、自然素材を使ったお料理のお店です。まさに日テレ通り沿いのマンション、の2階にあるため、少し場所がわかりづらいかもしれません。道路の向かい側からお店を見ると、手作りの雑貨のお店のように見えます。店内はアットホームな雰囲気です。

 いただいたものは鮭茶漬け。出てきたものは、鮭が丸ごと一匹!汁は土瓶のようなものに入ってきました。

いきなり予想外の豪快な展開に驚きを隠せません(^_^;)。
ちなみにご飯は五穀米を使っているようです。


 お茶漬けといいつつも、汁はお茶ではなくお出汁です。昆布と鰹のしっかりした味わい、本物のおだしの旨みは、鮭との相性が抜群、本当に美味しくいただきました。飲んだ次の日や、胃腸の調子が悪いときにも、さらさらといただける、オススメの一品です。
 珈琲やプリン、ケーキなども食後に楽しめます。キャロットケーキは、本当ににんじんが入っているの?!と思うくらい、まろやかな味わい。

にんじん嫌いな子どもでも、これならいただけそうです。

 わかりにくい場所とかわいらしい外見のためか、どちらかというと女性客が多いお店ですが、定食類はかなりボリュームがあります。ですから、男性の方にもオススメできるお店だと思います。

消費税の免税事業者が免税点を計算する方法

 個人事業者の消費税の確定申告は4月2日までです。
 今年はタレントのベッキーさんが「消費税の確定申告は4月2日!」と言うCMが流れているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか?ご準備、お済みですか?

 今日は消費税が免税される方についてのお話です。


 消費税において免税事業者とは、文字通り消費税を納める義務を免除される事業者のことです。(これに対して、消費税を納める義務のある事業者のことは「課税事業者」といいます。)

 免税事業者か課税事業者かは、基準期間(個人の場合は前々年、法人の場合は前々事業年度)の課税売上高が1000万円を超えるかどうかが判断基準です。


 基準期間の課税売上高は、基準期間において課税事業者であった場合は税抜き、免税事業者であった場合は税込みで計算することになります。

 したがって、基準期間が課税事業者だったか、免税事業者だったかによって、同じ課税売上高でも扱いが変わってきます。


<例:基準期間の課税売上高(税込み)1029万円の場合>
■当該基準期間において課税事業者の場合
・・・課税売上高980万円(=免税事業者)
■当該基準期間において免税事業者の場合
・・・課税売上高1029万円(=課税事業者)


 このような事実を鑑みて、「課税売上高が消費税を納めるべき事業規模をあらわす基準であれば、課税事業者と免税事業者で扱いが違うのは不公平だ」と考え、裁判を起こした事業者もいました。

 しかし、結果は事業者側の敗訴となりました。

 「課税事業者の消費税込みの売上には納税する消費税も含まれるため、消費税を差し引いて(=税抜きで)課税売上高を計算するのが相当だが、免税事業者の場合は納税する消費税が無いのだから、消費税を差し引かずに(=税込みで)計算するのが相当である。」という判決が下されました。(平成17年2月最高裁判決)

 この規模の会社にとって、課税事業者になるか免税事業者になるかは大きな違いです。

 課税事業者になれば大きな事務負担がかかること、実質的に所得そのものに影響するなど、注意が必要になります。