いずみ会計事務所の「ためになるブログ」Season2

東京都千代田区二番町(麹町)で開業している「いずみ会計事務所」のブログです。税務・経理や会計の最新動向から、顧問先企業のご紹介まで、女性税理士ならではの視線で綴ります。

自由民主党が平成19年度税制改正大綱を発表 (企業編-2)

「自由民主党が平成19年度税制改正大綱を発表 (企業編-1)」から続きます。
 中小企業やベンチャー支援に関する税制改正の主なポイントは次の通りです。


A.中小同族会社に対する留保金課税制度の撤廃
 資本金1億円以下の会社は、留保金課税制度の対象から外されます。これによって、資本金が1億円以下であると、「留保金課税及び外形標準課税がかからない」ということになります。
 資金調達の面で制約を受けがちな中小企業にとって、財務基盤が強化されるため、うれしい改正点です。


B.「特殊支配同族会社の役員給与の損金不算入制度」の基準所得額引き上げ
 昨年導入された「特殊支配同族会社の役員給与の損金不算入制度」について、平成19年4月1日以後に開始する事業年度から、適用除外基準である基準所得金額を現行800万円から1600万円に引き上げます。

 平たく言うと、会社の利益と社長の給料を合計して1600万円以下の会社であれば、この増税項目の対象外ということになります。これもうれしい改正ですね。


C.相続時精算課税制度の見直し
 相続時精算課税制度において、取引相場のない株式等(中小企業の株式等)を贈与した場合、贈与者の年齢要件を60歳に引き下げるとともに、非課税枠を500万円上乗せする特例が設けられます。
 また、取引相場のない種類株式について、相続税等における評価が明確化されます。

 制度化の暁には、中小企業が事業承継を早期にかつ計画的にできるようになる、というメリットが見込まれます。


D.地域密着型中小企業に対する特例
 地域に存在する産業資源を活用して事業活動を行う中小企業に対する課税の特例や、地域産業活性化支援税制の創設などが盛り込まれています。


E.エンジェル税制の拡充
 将来、日本の経済を支えるベンチャー企業育成を支援するため、エンジェル税制の対象企業を拡大するとともに、手続きが合理化されます。
 また、個人投資家(エンジェル)が投資したベンチャー企業の株式の譲渡益について2分の1に軽減する課税特例の適用期限が2年延長されます。


 日本の現在・将来の経済基盤と地域経済を支える中小企業やベンチャー企業に対する税制改正は、うれしいポイントが盛りだくさんです。
 法案の成立が待ち望まれるところですね。

自由民主党が平成19年度税制改正大綱を発表 (企業編-1)

 本日のブログは2本立ての年末特大号(?!)です。

今月14日、与党税制改正大綱が発表されました。
 今日はこちらの話題から、来年度から改正されそうなポイントをいくつかご紹介いたします。


 全体的に見ると、安部首相が掲げる経済拡大・地域格差縮小路線を背景に、各種企業減税を盛り込んだのが特徴でしょう。

 今回の決定分だけで4500億円の減税となり、そのほとんどが企業関連の減税となりました。(ただし、前年度に決定していた所得税の定率減税の廃止分が1兆円の増税でトータルでは増税)


1.減価償却制度
 今回の改正の中でもっとも大きな減税額が予想されるものが減価償却制度の改正です。
償却可能限度額(95%)と残存価格の撤廃、新規取得資産について法定耐用年数以内に取得価額全額を償却できるような制度への見直し、250%定率法の導入などが盛り込まれました。

 平たく言えば「より多くの減価償却費の計上が認められる」ことになるわけです。
 これにより、設備投資を促進し、経済成長への足がかりにしていくことが期待されます。


2.中小企業・ベンチャー支援
 今回の改正の特徴として、中小企業やベンチャー支援に関連する減税措置が数多く盛り込まれていることが挙げられます。
 地域経済の活性化の担い手は中小企業である、という認識のもとでの改正点が多く見られます。

 ポイントについては、「自由民主党が平成19年度税制改正大綱を発表 (企業編-2)」でご紹介します。

オススメ店「味館トライアングル」(千代田区平河町)

いよいよ週末はクリスマスイブ。ということで、クリスマスにもいい雰囲気のランチスポットがありましたのでご紹介いたします。
 麹町駅と半蔵門駅の間辺りにあるフランス料理のお店です。フランス料理といっても、店内は堅いイメージではなく、オーナーの故郷山形県の金山杉や最上川の小石などを使ったインテリアに自然の温もりを感じる、癒しの空間という雰囲気です。
imgb43862dfvsyhqo
ランチは1500円から、とお値段もフレンチにしてはかなりカジュアルですが(^_^)、味は本格的です。個人的にオススメなのはオムライス。ご飯が発芽玄米を使っていてとてもヘルシー。たっぷりとろとろの卵にかかっているのはなんと和風のあんかけ!でも上品な盛り付けにフレンチの技を感じます。まず「玄米」のオムライス、というのが体によさそうでGood。オムライスというとソースの濃い味付けが勝りがちですが、素材の味がしっかり楽しめます。つけあわせのサラダについてくる香味野菜も旬の野菜独特の薫り高さがあり、たかがサラダと侮れない気合を感じます(^_^)。

 お店はすっかりクリスマス仕様で、かわいらしい雰囲気に包まれています。クリスマスのディナーメニューもありますので、夜も立ち寄ってみたいな、と思っています。

遺族年金や障害年金には所得税がかからない

 「年金」というと、たいていの方は「老後の生活費」というイメージをお持ちだと思います。
 しかし年金の中には、家族に不幸があった場合や、障害を負ったときなどに受けることのできる年金もあるのです。

 今日はそんな「遺族年金」や「障害年金」のお話です。


 遺族年金とは、厚生年金や国民年金などの公的年金の被保険者が死亡した際に、遺族(配偶者、子、父母、孫、祖父母)が受けることができる年金のことです。

 遺族年金を受け取ることができるかどうかは、亡くなった被保険者が生計を維持していたかどうかが判断基準となっており、遺族が年収850万円未満と認められる場合に受けることができます。

 いわゆる「老後の生活費」と認識されている通常の公的年金(国民年金、厚生年金、共済年金、適格退職年金など)は、雑所得として他の所得と合計して所得税がかかるため、一定額以上の年金収入がある場合や他の所得がある場合には確定申告を行う必要があります。

 なお、公的年金等の雑所得の金額は 「公的年金等の収入金額」から「公的年金等控除額」を差し引いた金額になります。公的年金等控除額は年齢(65歳以上か未満か)と収入額で異なります。


 しかし、遺族年金や障害年金は所得税法において非課税とされています。
 従って所得税も住民税がかかりません。
 また、相続税も贈与税もかかりません。

 遺族年金や障害年金は所得税法上の扶養親族になるかどうかの判定基準となる所得金額を計算する場合、所得金額に含みません。

 年末調整時や確定申告時に間違いが出やすいポイントですので、ご注意ください。

オススメ店「季節料理 根本」(千代田区六番町)

 日テレ通りからやや奥まったところにある和食のお店です。日本的な雰囲気の入り口から店内に入るとカウンターとオープンキッチン。思いのほかカジュアルな雰囲気のお店です。

 魚が食べたい、と思ったら真っ先にランチ候補に挙げたいほどお魚の美味しいお店です。特にオススメはさば味噌煮定食(900円)。家で作るさばの味噌煮はどうしても濃い目の味付けになりがちですが(汗)、このお店のものはとても上品な味付けでしつこさがありません。きちんとした日本料理のお店のさばの味噌煮、という雰囲気でしょうか。
 そして、なんといっても鯖が本当に美味!身はふっくらとしていて、鯖なのに骨までいただけるほどのやわらかさ。どうやったら、こんなにふっくら仕上がるのでしょうか?!
 定食についてくるお味噌汁も出汁がいいお味で、定食のおまけというにはハイレベルなお味噌汁です(^_^)。
imga1f0e0dfwuvl8c

領収書の「上様」「品代」は税務調査で疑われる?

 お店で領収書をもらう場合、大抵は「お宛名いかがいたしますか?」「但し書きはいかがいたしますか?」と聞かれます。

 この際、「とりあえず上様で」「品代にしておいてください」と答える方は多いようです。

 取引を記帳する際、購入明細が記載されていない領収書の場合は、取引科目を判断する基準は店の名前と但し書きだけになります。
 たとえば、筆記用具なら「消耗品」、書籍なら「新聞図書費」などです。

 それが「品代」だけだと正確な記帳ができませんので、できるだけ具体的な品名を記載することが好ましいのです。


 また、これは税務調査の時にも重要です。
 不自然に件数や金額が多い場合や他の領収書には明細が記載されている場合、購入店がおよそ事業とは関係なさそうな店名の場合などにチェックされる可能性があるのです。

 これは、個人の買い物を会社の経費にしたり、本来は資産計上すべきものなのに領収書を分割して経費扱いにするなど、領収書等に記載された品物の名前を誤魔化す脱税行為を行う人がいるからです。
(税務署用語で「品転」または「品名詐称」と呼ばれています)

 「品代」と書かかれた領収書が必ずチェックされるわけではありませんが、注意が必要です。
 これは、宛名が「上様」となっている領収書でも同様です。


 領収書をもらうときは、会社の名前等の宛名と但し書きをきちんと書いてもらうよう、心がけましょう。
 また、領収書をもらう機会ある従業員全員に、領収書に宛名と但し書きを整えるよう周知徹底することも重要です。

 領収書をもらうときには、こちらから宛名と書いて欲しい但し書きを伝えるといいですよ(^_^)。

オススメ店「プティフ・ア・ラ・カンパーニュ」(千代田区一番町)

 小中学校の多い文教地区にある欧風カレーのお店です。ビルの1階にあるお店ですが、小さな入り口が路地から少し奥まったところにあるため、少しわかりづらい・・・のですが、ランチタイムには行列ができる人気のお店。行列が目印?!のお店です。img54625ad3zik1zj
 メニューは、ミート系(ビーフ、ポーク、チキン)とシーフード系(エビ、ホタテ、アサリ、カニ)から選べます。どの具材も、欧風カレールーとの相性が抜群です。
 カレーというとスパイスの香りが強い、というイメージを持っていましたが、このカレーは一味違います。玉ねぎとビーフを使った少し甘めのベースから、薫り高いスパイスが顔を出している、という雰囲気。ベースの味わいが深く、今まで食べたことのないような旨みを感じます。まるで西洋料理のようなカレーは、チーズがのった少し固めのご飯でいただきます。チーズとカレーを一緒にいただくことで、さらにコクとまろやかさがアップ。並んででも食べたい逸品です。

 カレーを頼むとジャガイモ(男爵とメイクイーン)がついてきます。こちらも、カレーの箸休めにいただくと実に美味。ジャガイモがこんなにおいしいとは、ちょっとした発見でした(^_^)。

税金をめぐる詐欺にご用心

 今年6月ごろから発生している税金還付名目の振り込め詐欺など、税金をめぐる詐欺事件が多発しています。


 詐欺の手口はさまざまです。

 たとえば、還付金名目の振り込め詐欺。
 これは、税務職員を名乗る者から手紙や電話で
「所得税の還付金があるから近くのATMに行くよう」指示され、ATM到着後に電話(フリーダイヤル)をかけるとATMで振込み操作をさせられます。
 コンビニのATMを指定して振り込ませることもあるようです。
 コンビニのATMは銀行のATMのようにフロアに係員や警備員がいないため、多少モタモタしていても気づかれにくいからだとか。

 千葉県で発生した例では、「国税局収税課」という実在しない部門から、納税過払い金の返還名目で同様の振り込め詐欺の被害が出ています。
 税金が戻ってくる、という甘い誘いにつられて被害にあった方のインタビューも放送されました。


 還付金名目だけではありません。
 国税庁・国税不服裁判所・国税局・税務署の職員を装って税金の督促状を送りつけ「至急振り込んでください」と、金融機関の口座を指定して現金の支払を求める振り込め詐欺も発生しています。

 また、税務職員を装い、勤務先、取引銀行、従業員等の個人情報等を問い合わせたり、税務調査、差し押さえと称して現金を持ち去るなどの事件も発生しているようです。


 国税庁などでは、
1.還付金受取のために金融機関等の現金自動預け払い機(ATM)の操作を求めることはない 
2.国税の納税のために金融機関の口座を指定して振込みを求めることはない
3.フリーダイヤルの電話を設置していない
4.税務職員が電話で問い合わせをする場合は、提出した申告書等を基にその内容を本人に確認することを原則としている
5.通常、土日などの休日や早朝・深夜から税務調査を開始することはない
6.税務職員が税務調査を行う場合は、質問検査章と身分証明書(顔写真ちょう付)を携帯しているので、身分証明書等で所属、氏名等を確認すること

などの注意を呼びかけています。

 もし不審な電話や手紙が届いた場合、突然税務職員が尋ねてきた場合などは、所轄の税務署や税理士にすぐにご相談ください。