先日、「007は二度死ぬ」という映画を見ました。

 ジェームズ・ボンドが日本を舞台に大活躍するこの映画は、1967年に公開されたそうです。

 日本人女優の浜美枝さんや若林映子さんが登場したり、若き日の丹波哲郎さんが日本の公安のトップを演じていたり、本物の力士(佐田の山)が登場したり・・・

 と、登場人物を見ているだけでも楽しいのですが、映画の中に見慣れた風景?!を発見しました。

 「大里化学工業」という会社の、立派な本社ビル。

 見たことあるはずです、この本社ビルのロケ地はホテルニューオータニなんですよ!

 もう40年以上前のホテルニューオータニ、全体的なフォルムは今とほぼ同じ。
 映画の撮影をした当時は、本当に近代的で大きなビル!というイメージだったんでしょうね。
 ハリウッドデビューした建物かと思うと、ちょっと見る目が変わります。


 古い時代の銀座の町並みや、蔵前にあった国技館など、懐かしい風景も楽しめる映画「007は二度死ぬ」もオススメです。

 映画のシーンと見比べてみると、とても面白いですよ。


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから