今日ご紹介するのは「株式会社はじめの一歩」さんです。
飲食店、旅館、地域ブランドのコンサルティング業務を手がけていらっしゃいます。
お話は代表取締役の野村真一社長に伺いました。

hajimenoippo01


■『料理の鉄人』出場者も!現場経験が豊富なコンサルタント
-飲食店や旅館のコンサルティング業務について。
野村氏
「1つは、市場調査、経営指導、メニューの企画開発、ショップデザインなど店舗経営全般にわたるコンサルティング業務を手がけています。
 主に起業した人に対するサービスです。

 2つ目は最近ご相談が多い『店舗の経営再建』に対するコンサルティングです。
 赤字店舗に対して、原則60日以内で再生プランを作り、実行します。

 この2点が飲食店・旅館のコンサルティング業務の柱です。」

-御社のコンサルティングの特長は?
野村氏
「現場経験が豊富なスタッフが多く、メニューの企画立案や接客オペレーションなどの実践的指導ができる点です。

 私は飲食店コンサルティング業界の最大手企業に7年半在籍し、様々なコンサルティングノウハウを学んだ一方で、16歳から飲食業界に身をおき、15年以上にわたって個人店から大手チェーン店まで様々な現場で経験を積んでおります。

 社員の中には、昔の人気番組『料理の鉄人』の出場者や、イタリアンのシェフなどもおります。

 飲食店の現場でも手腕を発揮できる者がコンサルティングを行うことで、他社との差別化を図っています。」


■コンサルタントが入って失敗した赤字店を地域の人気店に
-実際に店舗を再生させた事例を教えてください。
野村氏
「直営店の『和韓焼肉 東京富牛』は成功例です。

 『東京富牛』は、かつて中華料理店でした。
 別の飲食店コンサルタントが立てた売上予測を信じて開業したものの、実際の売上は予測の半分以下だったため、赤字経営が続いていました。

 そこで、オーナーと相談の結果、店舗運営を当社が行うことになりました。

 開店して4ヶ月程度で経営は軌道にのり、現在では地元CATVや地方局からの取材が相次ぐ人気店に再生しました。

 直営店経営は、現場に強い当社の特長を示す一番の具体例です。
 また、コンサルティングを受けたい方に直営店を見ていただくと、当社がご提案する店舗再生を肌で感じていただけると思います。」

hajimenoippo02

「はじめの一歩」という社名はマイケル・E・ガーバーの著書「はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術」にちなんだもの。勇気を持って一歩を踏み出した起業家を全力でサポートしたい、という思いが込められています。

■いかにして人を呼ぶかを考え、実行する
-地域ブランディングについて
野村氏
「現在、長野県安曇野市商工会の地域ブランド構築などを手がけています。

 手法の違いはあるものの、飲食店も地域も再生のポイントが『いかにして人を呼ぶのか』である点が共通しています。

 これからも、地域ブランディングはたくさん手がけていきたいと思っていますし、商店街の活性化の仕事にも携わってみたいと思っています。」


■いずみ会計に一言!
野村氏
「バイタリティあふれる先生でレスポンスが早いですね。今後も中小企業をサポートし、盛り上げていきたいと思いますので引き続き、ご協力ください。

 当社は上場を目指しておりますので、その点でもお力添え、よろしくお願いします。」
(取材協力:ライター山崎実由貴)


株式会社はじめの一歩
【住所】東京都中央区新川1-6-12 AIビル茅場町2階
【TEL】03-3553-3381
【FAX】03-3553-3382
【E-mail】info@h-ippo.co.jp

直営店:
和韓焼肉 東京富牛 市川妙典店
hajimenoippo03

TEL:047-399-6000
営業時間:ランチ=11:30~15:00(L.O.14:30)/ディナー=17:00~05:00(L.O.04:00)
年中無休