世の中に無料のサービスが増えています。

あるいは、大幅な割引をしたサービスです。


消費者からしたら、タダ!もしくは激安!というのは嬉しいものです。


私もそうです。
タダ!激安!
歓迎します。


しかし、提供する側の企業は、タダ!や激安!
だけでは経営が成り立ちません。


ある程度までは、広告宣伝費と考えているはずです。
かつ、無料のサービスには、内容保証はつけられないでしょう。


ビジネスで無料や激安のサービスの裏には、企業側のビジネス理由があることをお忘れなく。