10月3日(日)、いずみ会計の顧問先・NPO法人日本バリアフリー協会さん主催の「第7回ゴールドコンサート チャレンジド(障がい者)・ミュージシャンの競演」が開催されました!

 ゴールドコンサートはチャレンジド・ミュージシャンが、グランプリをめざし熱演するコンテスト形式のコンサート。
 競い合う、ということで、演奏のレベルが非常に高く、「チャレンジド・ミュージシャンの紅白」という人もいるのだとか。

 今回は、応募総数120組を超える中から選ばれた精鋭10組がしのぎを削ります。

 チケットは全席完売!の大盛況の中、コンテストがスタート。
 和太鼓の力強い演奏、ヒーリングミュージック、ラップ(?!)、ギターの弾き語り、メッセージ性の高いポップミュージック、ロック・・・様々なジャンルの様々な曲が演奏されます。

 その実力たるや、プロとして活動してもおかしくないような人ばかり!
 あっという間にコンテスタントの演奏が終わってしまいました。


 注目の結果発表。

 楽曲賞は鈴木加奈子さんの「Kindness」。

07goldconcert-02ensou


 やさしさにあふれたトロンボーンの演奏でした。メロディも美しく、トロンボーンってこんなにいい音を出す楽器だったのかと驚いた作品でした。


 歌唱・演奏賞は佐藤英里ちゃんの「アメイジング・グレイス」。

07goldconcert-07ensou(1)


 なんと受賞した英里ちゃんは若干9歳!小学生とは思えない、堂々とした歌唱と、透明感ある歌声が印象的でした。
 ちなみに英里ちゃんは観客からの人気投票(観客賞)でもNo.1を獲得!


 急遽、設けたという審査員特別賞は、韓国から来たDarkflowさんの「oh^oh^oh」。

07goldconcert-03ensou(1)


 「ラップ」という選曲に、本当に驚きました。審査員からも、アップテンポで歌い上げたラップがすばらしく、何らかの賞を差し上げたい!と思ったとか。


 さて、注目のグランプリは・・・

 穴沢雄介さんの「十六桜」。

07goldconcert-05ensou(3)


 この曲を聴いた瞬間、ドキュメンタリー番組のテーマ曲としてテレビから流れてきてもおかしくない!ような、美しく、ドラマチックな曲だと思いました。

 穴沢さんは過去4回、ゴールドコンサートに出場し、準グランプリ2回と実力あるミュージシャンだそうです。今回は悲願のグランプリだそうですが、誰もが納得のすばらしい演奏だったと思います。

 コンサートの様子はインターネットで生中継されていましたから、ご覧になった方もいらしたでしょうか?!

 第8回のゴールドコンサートは2011年10月15日(土)に、東京国際フォーラムで開催されるそうですよ!

 是非、会場ですばらしい演奏を味わってください!


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから