【質問】
ある自治体の、「ふるさと納税をした方には、特産品のメロンを贈呈します」という広告を見かけました。
その自治体はふるさとでも何でもないのですが、ふるさと納税はできるのでしょうか?
そもそも、ふるさと納税ってどういうしくみなんですか?

【回答】
ふるさと納税は、平たく言うと「自治体に対する寄附」です。
自治体に寄附をして確定申告をすることで、税金の計算上、所得控除や税額控除を受けられるため、結果として所得税額と住所地の住民税額が減額されることになります。
また、どの自治体に寄附をする(ふるさと納税する)かは、任意です。



豪華な贈呈品で話題になっている「ふるさと納税」。
中には300万円以上の寄附で地元の和牛一頭(約360キロ)贈呈!なんてものもあるそうです(^-^;)。

「ふるさと」という言葉が付いているので誤解されている方もいらっしゃるかもしれませんが、そもそも「ふるさと納税」とは、都道府県・市区町村に対して寄附(=ふるさと納税)をすると、寄附金のうち2,000円を超える部分について、一定の上限まで、原則として所得税・個人住民税から全額が控除される制度のことをいいます。
(例えば、年収700万円の給与所得者(夫婦子なし)が、3万円を寄附すると、2,000円を除く2万8,000円が控除されます。)

つまり、平たく言うと自治体に対する「寄附」といった性格のものです。

ただし、控除を受けるためには、寄附をした翌年に、確定申告を行うことが必要となります。

自分の生まれ故郷や応援したい自治体など、どの自治体に対する寄附でも対象となりますので、縁もゆかりもない自治体にもふるさと納税は可能です。
特産品のメロン狙い?!というのも、大いにアリだと思いますよ!

かくいう私も寄付マニア(笑)で、少額の範囲ですが、毎年、自分の興味ある団体など寄付をしています。
さらに、寄附した団体からの資料などを仕事の参考にしています(^ ^ゞ


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから