私が色々な企業を顧問税理士の立場で拝見するなかで
「もったいないなぁ〜」
と思う職員さんがいます。

なぜ「勿体ない」と思うかと言えば
基本的に仕事をこなす能力は人並み以上にあるのですが
肝心な場面で、社長からの信頼が得られない方のことです。

たとえば、仕事をこなす能力は抜群なのに、会社だったり、社長に対するロイヤルティが希薄だったりする方。

仕事は出来ても、会社や社長への忠誠心があまり伝わらない、という職員さんもいますよね。

伝え方が下手な方もいれば、もしかすると、そういう忠誠心みたいなものは
仕事さえやれば、特段不要と思う職員さんがいるかもしれません。

でも私は「勿体ない」と思います。

社長からの信頼は、一つの場面だけでは作れません。

中小企業や零細企業では、社長の信頼を得ることは
仕事の要領がいい、というテクニカルな話よりも、実は大事かもしれませんね。