【質問】
当社社員で、劇的に事務作業の合理化に成功させた社員がおります。
事務作業コストが大幅に減り、会社の業績への貢献度も数値に表れるほどとなったため、何らかの報酬のようなものを出したいと考えています。
この報酬はどのように取り扱えばよいのでしょうか?

【回答】
その合理化に対する工夫が、その人の通常の職務の範囲内かどうか、支給される報酬が一時に支給されるものかどうかによって取扱いが異なってきます。


 社内提案制度等において、事務や作業の合理化、製品の品質の改善や経費の節約等に寄与する工夫、考案等をした人に対して支給される場合には、次のように取り扱われます。

(1) その工夫、考案等がその人の通常の職務の範囲内である場合
・・・給与所得

(2) 通常の職務の範囲外である場合で、一時に支給されるもの
・・・一時所得

(3) 通常の職務の範囲外である場合で、その工夫、考案等の実施後の成績等に応じ継続的に支給されるもの
・・・雑所得

ついつい「事務作業はコストがかかるだけで・・・」なんて思いがち?!ですが、その作業を劇的に減らしたのであれば、会社の業績への影の貢献度も高いはずです。

ぜひ何らかの形で報いて下さい!事務作業を担当する社員のモチベーションアップにもつながるかもしれませんよ!


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから