税理士の仕事のうちには、経営者の愚痴を聞く、というものがあります。


もちろん、愚痴を聞く、という仕事の定義があるわけではありません。

そういう位置付けになることも、税理士には必要かな、と思います。


経営者は、やはり従業員に言えない悩みがあります。

経営者も、誰かに愚痴を言って、すっきりしたりしたいですよね。

それで、またヒントを得たり、違った意見を聞いたり、それも良いことかと思います。

愚痴を言って終わりにするのではなく
私に愚痴を言って、ちょっとすっきりすると
経営者の方は、次に行動したりする方ばかりです。

私はただ頷いていたり、
「そういうとき、困りますよね〜」
「どこの会社でも、それは何か方法を考えていかないと、ですね」
「やっぱり、経営者の立場は、お互いに大変ですよね」
などくらいの返事しかできないのですが、
私に愚痴を言ってすっきりし、次に行動する経営者の方は、とても頼もしく感じますね!