【質問】
個人番号の通知カードが届きました。
この後、何かやるべきことはありますか?

【回答】
特にありません。
但し、マイナンバーが他人に知られないよう、番号は大事に保管して下さい。又、必要な方は個人番号カードの交付を申請してください。



個人のマイナンバーについて、すでにお手元に届いた、という方も多いのではないでしょうか。
通知は届いたけれど、次に何をすればいいの?という方もいらっしゃるかもしれませんね。

実は、個人の場合、マイナンバーが届いたからといって、絶対何かをしないといけないというのは、ありません。

但し、個人のマイナンバーは税、社会保障など、法律に定められた目的以外で不用意に人に見せるものではありません。
自分や家族のマイナンバーが他人に知られないよう、通知カードは実印等と同様に厳重に保管しておくことをオススメいたします。

また、必要な方は写真付きの「個人番号カード」の申請を行って下さい。現在の所、無料で申請できます。
申請方法は、通知カードに同封された書類を使った郵送申請、スマートフォンやパソコンを使ったWeb申請、まちなかの証明写真機申請などの方法で手続きします。

e-TAXを利用して電子的に確定申告を行っている方で、住民基本台帳カードの有効期限が確定申告の時期に切れてしまう方は、個人番号カードの取得(または12月22日までに住民基本台帳カードに搭載されている電子証明書の更新)を行って下さい。
また、身分証明書がなくて困っていた方は、個人番号カードを取得されると身分証明書の代わりになります。
ただし、アルバイトもしていない子供などは、通常、個人番号カードは不要かと思います。

個人番号カードを取得するメリットとデメリットとして、以下のようなことが考えられます。
個人番号カード取得の際にはぜひ参考にしてください!

<個人番号カードを取得するメリット>
1.本人確認の際の公的な身分証明書になる
2.各種行政手続きのオンライン申請ができる
3.各種民間のオンライン取引に対応(予定)
4.コンビニなどで各種証明書を取得できる
5.様々なサービスを搭載した多目的カード化も視野に(予定。例えば保険証等)

<個人番号カードを取得するデメリット>
1.紛失のリスク


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから