【質問】
マイナス金利のメリットとデメリットを教えてください。

【回答】
現状では、マイナス金利が最終的にどのような結果をもたらすのかはわかりませんが、中小企業に影響ナシ、ということはありません。
自社のメインバンク等がどのような動きをするのかを見極めることが重要です。



日銀がマイナス金利を導入したのが1月末頃。
現状ではメリットとデメリット、マイナス金利発表の余波と海外の経済の動きの影響などがせめぎあっている状態で、最終的にどのような結果をもたらすのかはわからない、というのが正直なところです。

しかし、マイナス金利が中小企業の経営に影響しない、ということはありません。
中小企業に影響しそうな、マイナス金利のメリットとデメリットとして、次のようなことが予想されます。

<メリット>
・多少でも業績が上がってきている企業にとっては、融資を受けやすくなる可能性がある
(貸出競争による融資そのもののやりやすさ、借入れ金利の低下が期待でき、住宅ローンも低金利で借りられる可能性があります)
・一部の信用金庫などでは、預金金利を上げる動きもみられる
(信用金庫の場合、運用資金はほぼ預金でまかなっており、大手都市銀行のように預金があまって困るということが少ないためです)

<デメリット>
・銀行のペイオフリスクが高まる
(貸出競争による不良債権の増加等も予想されるためです)
・業績の芳しくない企業への貸し渋りや貸しはがしの可能性
(マイナス金利によって銀行の利幅が圧迫されることにより、危ないところにお金は貸せない!とばかりに貸し渋りや貸しはがしに動く可能性も否定できません)

エコノミスト等の予想する大きな流れは参考程度に聞いておけばいいでしょう。
むしろ、中小企業の皆様にとっては、メインバンク等おつきあいのある銀行がどのような動きをするのかをきちんと見極めることが重要だと思います。


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから