いずみ会計とご縁のある「メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン」さんは、1992年12月にメイク・ア・ウィッシュ・インターナショナルの正式な支部として設立され、今年、25周年を迎えました。
さらに、2009年1月5日から、一般財団法人メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンとして活動していたメイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンさんですが、このたび公益認定を受け、「公益財団法人メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン」として新たな一歩を踏み出されました!

「メイク・ア・ウィッシュ」とは英語で「ねがいごとをする」という意味の、独立した非営利のボランティア団体です。
3歳から18歳未満の難病と闘っている子どもたちの夢をかなえ、生きるちからや病気と闘う勇気を持ってもらいたいと願って設立されました。
現在放送されているACジャパンのCMでご存知の方も多いのではないでしょうか?

メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンは1993年に「遊園地に行きたい」という夢をかなえたことを第1歩として、その後「野生のイルカと泳ぎたい」「ウルトラマングレートと一緒に戦いたい」「世界一大きいヘラクレスオオカブトムシに触りたい」「サンタクロースと遊びたい」等など、多くのすばらしい夢をかなえるお手伝いをしてきました。

私は、20年ほど前に、「X-JAPANのhideに会いたい」という少女が、ライブに赴き、楽屋で憧れのhideさんに手作りのマフラーを渡したエピソードを、よく覚えています。
あの少女の支援をしていたのがメイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンさんだったのか!と、最近になって気づきました。
とても印象的なエピソードだったので、その支援をしている団体に携わっていることに、不思議なご縁を感じています。

今後のメイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンさんの活動にも、ぜひご注目ください!


●公益財団法人メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン
http://www.mawj.org/