東京駅に豪華な馬車が登場します!
12月11日(月)信任状捧呈式のための馬車列が運行されます。

信任状捧呈式とは、新任の外国の特命全権大使が信任状を天皇陛下に捧呈する儀式です。
このときに、大使一行の皇居への送迎は、大使の希望により皇室用の自動車か馬車が提供されているそうです。
新任大使の送迎に馬車を使用している国は、世界的に見ても英国やスペインなど数か国しかない、といいます。
日本の場合は、自動車より馬車を希望する大使が多いそうですよ。

信任状捧呈式の馬車列で使われる儀装馬車4号は、大正2年に製造されたもので、海老茶色の漆塗りの車体に金高蒔絵の御紋章がついている美しい馬車で、美術的価値も高いといいます。
昭和60年の文仁親王成年式にも使用されるなど、皇室の重要な儀式で使われている馬車でもあります。
171208信任状捧呈式
(信任状捧呈式の馬車。画像は宮内庁HPより拝借しました)

参考として宮内庁が発表したルートは、東京駅から行幸通りを経て、和田倉門交差点から皇居外苑を抜けて皇居正門(その後、宮殿南車寄せに到着)です。
皇居前広場午前10時05分頃(1回目)と午前10時30頃(2回目)に通過する予定だといいます。
東京駅近辺でのお仕事の方、運がよければこの豪華な馬車を見かけるかもしれませんね!


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから