2021年11月1日から、新しい500円硬貨の発行がはじまりました。

新しい500円硬貨は「バイカラー・グラッド」という二色三層構造になっています。
見た目は2色の金属でできたような形で、真ん中の金属が三層構造(グラッド技術)になっているそうです。

異形斜めギザという斜めのギザギザや、日本国と書かれている面の4隅に「JAPAN」「500YEN」という微細文字が書かれている、などの偽造防止の技術が施されています。

11月1日から発行がはじまり、金融機関から入手できるようになりますので、いつかお手元に届くと思いますよ!

ちなみに、旧500円硬貨も引き続き使えます。
昔の500円硬貨が使えなくなるなどと騙る詐欺もあるようですのでご注意ください。
現在、有効な貨幣が日本銀行のTwitterで公表されていました。
この資料によると、旧500円硬貨どころか、穴の開いていない旧50円硬貨(ニッケル硬貨)などもまだ使えるのですから、旧500円硬貨は余裕で使えますよね。
騙されないようにご注意ください!
211112


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから