【ポイント】
令和3年度補正予算が成立したことにより「事業復活支援金」が給付されることが決まりました。


令和3年度補正予算が成立したことにより「事業復活支援金」が給付されることが決まりました。
事業復活支援金は、2022年3月までの見通しを立てられるように、コロナ禍で大きな影響を受ける事業者に対して、地域・業種問わず、固定費負担の支援として、5か月分の売上高減少額を基準に算定した額を一括給付するものです。

新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、2021年11月~022年3月のいずれかの月の売上高が、2018年11月~2021年3月までの間の任意の同じ月の売上高と比較して30%以上減少した中堅・中小・小規模事業者、フリーランスを含む個人事業主が対象となります。

法人の場合、給付額の上限額は年間売上高に応じて異なります。
年間売上高1億円以下の法人は100万円、1億円超~5億円の法人は150万円、5億円超の法人は250万円となります。
個人の場合、給付額の上限額は50万円です。なお、売上高30%~50%の減少の上限額は売上高50%以上減少の上限額の6割となります。
詳細は以下の通りです。
220104
(出典:中小企業庁「ミラサポplus」事業復活支援金(チラシpdf)より)

給付額の計算方法は、上限額を超えない範囲で
基準期間(※1)の売上高-対象月(※2)の売上高)×5
で計算します。

(※1)2018年11月~2019年3月、2019年11月~2020年3月、2020年11月~2021年3月のいずれかの期間のうち、売上高の比較に用いた月を含む期間。
(※2)2021年11月~2022年3月のいずれかの月

中小企業庁のチラシによると「所要の準備を経て申請受付開始予定」とのことです。
詳細が決まりましたら、改めてブログで取り上げたいと思います!


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから