いずみ会計事務所の「ためになるブログ」Season2

東京都千代田区二番町(麹町)で開業している「いずみ会計事務所」のブログです。税務・経理や会計の最新動向から、顧問先企業のご紹介まで、女性税理士ならではの視線で綴ります。

企業紹介

理想の数だけ子どもを産める社会をめざして-1more Baby応援団が公益財団法人に-

いずみ会計とご縁のある「1more Baby応援団」さんが「公益財団法人」としての認定を受け、10月2日から「公益財団法人1more Baby応援団」として新たな一歩を踏み出されました!

「理想の数だけ子どもを産める社会を実現するため、結婚・妊娠・出産・子育て支援に関する情報提供及びその実現に必要な事業を行い、将来の活力ある社会環境の維持・発展のために寄与すること」
を目的とする1more Baby応援団さん。
結婚・妊娠・出産・子育て支援に関するセミナーやイベントを全国各地で開催しています。(現在、『さんきゅうパパになろう!しずおか研修会』参加募集中です!平成29年12月16日13:30から16:00、グランシップ会議室1001-1にて。詳しくはこちら▼
https://39papa.jp/conference/index.html

また、今年5月に出版された「18時に帰る ―『世界一子どもが幸せな国』オランダの家族から学ぶ幸せになる働き方」(プレジデント社)、「働き方改革」がさけばれる日本の社会にとって、具体的なヒントになる良書として、書店で特設コーナーが設けられることもあります。
ご存知の方や、すでにお手にとって読まれた方も多いのではないでしょうか?!
171117ワンモアベイビー応援団
「今後は公益財団法人として気持ちも新たに、理想の数だけ子どもを産み育てられる社会の実現に寄与してまいります。」
という1more Baby応援団さんの、今後の活躍にもぜひご注目ください!


■公益財団法人1more Baby応援団
http://www.1morebaby.jp/
☆★「働き方を変えたい・変えなくてはいけない」と感じているすべての人・企業・自治体・行政機関の皆様へ★☆
書籍「18時に帰る ―『世界一子どもが幸せな国』オランダの家族から学ぶ幸せになる働き方」ご購入はこちらから▼
http://www.1morebaby.jp/contents-ehon03.html

難病と闘う子どもたちの夢をかなえる「メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン」、設立25周年で公益認定へ!

いずみ会計とご縁のある「メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン」さんは、1992年12月にメイク・ア・ウィッシュ・インターナショナルの正式な支部として設立され、今年、25周年を迎えました。
さらに、2009年1月5日から、一般財団法人メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンとして活動していたメイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンさんですが、このたび公益認定を受け、「公益財団法人メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン」として新たな一歩を踏み出されました!

「メイク・ア・ウィッシュ」とは英語で「ねがいごとをする」という意味の、独立した非営利のボランティア団体です。
3歳から18歳未満の難病と闘っている子どもたちの夢をかなえ、生きるちからや病気と闘う勇気を持ってもらいたいと願って設立されました。
現在放送されているACジャパンのCMでご存知の方も多いのではないでしょうか?

メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンは1993年に「遊園地に行きたい」という夢をかなえたことを第1歩として、その後「野生のイルカと泳ぎたい」「ウルトラマングレートと一緒に戦いたい」「世界一大きいヘラクレスオオカブトムシに触りたい」「サンタクロースと遊びたい」等など、多くのすばらしい夢をかなえるお手伝いをしてきました。

私は、20年ほど前に、「X-JAPANのhideに会いたい」という少女が、ライブに赴き、楽屋で憧れのhideさんに手作りのマフラーを渡したエピソードを、よく覚えています。
あの少女の支援をしていたのがメイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンさんだったのか!と、最近になって気づきました。
とても印象的なエピソードだったので、その支援をしている団体に携わっていることに、不思議なご縁を感じています。

今後のメイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンさんの活動にも、ぜひご注目ください!


●公益財団法人メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン
http://www.mawj.org/

ワイルドフラワー専門店&カフェ、自由が丘にオープン-AK+(アーケイプラス)

9月11日(月)、東京の自由が丘に、オーストラリアプリザーブドフラワー(ワイルドフラワー)専門店&カフェ「AK+(アーケイプラス)」がグランドオープンしました!

ナチュラルテイストのフラワーアレンジとカフェが一緒に楽しめる、都内でも珍しいお店です。

ワイルドフラワーとは、オーストラリアの中でも主に西オーストラリアの原野に咲いている花です。
先住民アボリジニの住む所で、 地球創成期の40万年前からそのままの形で現代に姿を表し続けている、といいます。
大自然の土壌や気候がもたらす個性的な形、色、香りは特徴的で、そのインパクトは、癒し効果を持っていると言われます。
また、アボリジニによって昔からブッシュメディスン(薬)としても使われてきた、ともいわれています。
170908アーケイプラス
いずみ会計の会議室にも、こちらのお店のオーナーの手によるワイルドフラワーのアレンジメントがありますが、癒されるような心地よい香りとともに、大地のパワーが感じられる気がします。
(会議室のお越しの際には、ぜひご覧ください!)

AK+では、お誕生日会、女子会、飲み会各種パーティー、セミナーなど、様々なイベントに対応したプランをご用意しています。
貸し切りで使うこともできますよ!
自由が丘駅から徒歩3分と、駅近なのもうれしいですよね。

ワイルドフラワーの香りで癒されながらのティータイム、自由が丘へお越しの際にはぜひ、お立ち寄りください!

■ワイルドフラワー&カフェ「AK+(アーケイプラス)」
http://akplus.shop/
住所:目黒区自由が丘2-9-8
TEL:080-3094-2824
営業時間:10時から20時(20時以降はご予約にて)

世界で最も歴史あるロボット競技会を主催!-公益財団法人ニューテクノロジー振興財団

今日は、いずみ会計とご縁のある「公益財団法人ニューテクノロジー振興財団」(以下、ニューテクノロジー振興財団)さんをご紹介いたします。

ところで、皆さんは「ロボコン」(ロボット競技会)をごらんになったこと、ありますか?
日本で初めて行われた「ロボコン」は、1980年からはじまった「全日本マイクロマウス大会」というマイクロマウス競技です。
30年以上にわたり全日本大会が開催され続けている、世界でも最も歴史のあるロボット競技会でもあります。
170901マイクロマウス
マイクロマウス競技は、参加者自らが作った自立型ロボットが自律的に(自分の力だけで)迷路を探索し、 ゴールまでに達する最短時間を競う競技です。
この競技は、1977年にIEEE(米国電気電子学会)が提唱したことに始まり、日本では1980年より「全日本マイクロマウス大会」として 毎年開催され、我が国で初めての「ロボコン」として30余年全日本大会が開催され続けている、世界でも最も歴史あるロボット競技会です。
「全日本大会とは言え、現在では欧米の他、アジア地域からシンガポール・台湾・韓国等からも非常に技術レベルの高いロボットが多く参加するなど、事実上の世界大会と言われています。」(ニューテクノロジー振興財団)
というこの大会を主催しているのが、ニューテクノロジー振興財団です。

現在では、上級者のみならず、初心者用のフレッシュマンクラスなども設けられており、中高生もたくさん参加しているという「床に引かれたラインに沿って自律操縦の巧みさと走行するスピードを競うロボトレース競技」などは、入門編にぴったりだといいます。

「こうしたマイクロマウス等のロボット製作やロボット競技、新しい技術チャレンジを通じて、ものづくりの体験による人材育成を活動の大きな目標としているのが、ニューテクノロジー振興財団です。
私たちが目指すものは単に技術を学ぶのではなく、ものづくりの過程で経験する問題解決や要求実現のための教育的プロセス(ソリューションプロジェクト)が、人間形成の大きな糧となると考えており、この主旨にご賛同いただける方からの大会協賛等も受け付けております。

また、豊かな社会生活実現のために必要な科学技術に関する調査・研究、科学技術を活用したあそびの研究等、人間と技術の調和を基調とした科学技術の振興をはかり、豊かな社会経済の発展に寄与することを目指します。」

というニューテクノロジー振興財団さんの今後の活動にも、ぜひご注目ください!

■第38回全日本マイクロマウス大会「マイクロマウス2017」■
2017年11月17日(金)-19日(日)、芝浦工業大学 芝浦キャンパスにて開催決定!
詳しくは大会HPをご参照ください!▼
http://www.ntf.or.jp/mouse/micromouse2017/index.html

●公益財団法人ニューテクノロジー振興財団のHPはこちら▼
http://www.ntf.or.jp/

日本初の「寄付適格性評価」を実施、掲載!社会課題解決サイト「ValueMaker」オープン!

いずみ会計とご縁のある公益財団法人パブリックリソース財団(以下、パブリックリソース財団)の新サイト「ValueMaker」がオープンしました!

【ValueMakerサイト】
http://valuemaker.jp

ValueMakerは、
(1)日本初の「寄付適格性評価」の実施・掲載
(2)課題の詳細や、効果を生み出すプロセスがわかるページ構成
(3)寄付以外の「集める」「参加する」「広める」という参画方法の用意

という特徴を持つ、新しい社会課題解決サイトです。

「ValueMakerは、重要な社会的な課題を取り上げ、課題解決に効果的に取り組む組織を評価・格付け情報と共に、紹介しています。
多くの皆様に、寄付をはじめとする多様な参画の機会を提供して取り組みを広げ、大きなソーシャルバリュー(社会的価値)を生み出す仕組みです。
ValueMakerは、『誰も置き去りにしない』持続可能な社会づくりという社会変革をめざします。」(パブリックリソース財団)

個人的には「寄付適格性評価」が一番気になります!
寄付をするときには、どのようなことに使われるのか、が気になるところ。
一定の評価基準が明確になっていると、寄付しやすくなるような気がします。
ぜひ一度、ごらんになってください!

■望む社会に、価値ある寄付を
ValueMakerサイトはこちら▼
http://valuemaker.jp

意志ある寄付で社会を変える
公益財団法人パブリックリソース財団
のHPはこちら▼
http://www.public.or.jp/