いずみ会計事務所の「ためになるブログ」Season2

東京都千代田区二番町(麹町)で開業している「いずみ会計事務所」のブログです。税務・経理や会計の最新動向から、顧問先企業のご紹介まで、女性税理士ならではの視線で綴ります。

企業紹介

「Music Dialogue ディスカバリー・シリーズ 2018~2019」開幕!

いずみ会計とご縁のある一般社団法人Music Dialogueさんのイベント「Music Dialogue ディスカバリー・シリーズ 2018~2019」が、5月からいよいよはじまります!

ミュージック・ダイアログは、ヴィオラ奏者・指揮者として世界的に活躍する大山平一郎氏が、若い頃に往年の巨匠演奏家たちから直接学んできた音楽の真髄を、聴衆の皆さまや若い演奏家たちに伝え、受け継ぐために立ち上げられた一般社団法人です。世界の檜舞台で活躍できるような日本の若手演奏家を育成するとともに、室内楽のファンを増やすため、室内楽を通じた様々な「対話--Dialogue」を生み出す活動を行っています。

Music Dialogueの目玉であるディスカバリー・シリーズでは、お客様に室内楽のライブ感や気迫を感じていただけるように至近距離で演奏を聴いてもらえるような会場(定員60名!)を選び、「字幕解説付きリハーサル」では音楽づくりの舞台裏を公開したり、お客様と演奏者との対話を重視した企画内容になっています。すでに音楽会によく足を運ばれる方にも、あまり馴染みのない方にも、新しい「音楽の愉しみ方」を発見していただくとともに、若い演奏者たちの応援者になっていただくことも目的としています。

さてシーズン開幕となる5月11日は「巨匠の若き日」がキーワード。
雄渾なベートーヴェン、柔らかなフォーレ…というステレオタイプな作曲家像を心地よく裏切られること請け合いの名曲です。ミュージック・ダイアログでの共演回数も多く、ぴったりと息の合うメンバーによる充実のアンサンブルが楽しめそうです。

また、本番に先立ち、初めての練習の場にプロの字幕解説付きでご参加いただけるとのこと。音楽の試行錯誤とディスカッションを間近でお楽しみいただけますよ!

◆Music Dialogue
ディスカバリー・シリーズ 2018-2019 vol.1◆

ホームページはこちら▼
http://music-dialogue.org/event/actual/index.html

180427MusicDialogue
①字幕解説付きリハーサル
2018年5月8日(火)18:00~19:30(18:45開場)
【会場】南麻布セントレホール 日比谷線広尾駅より徒歩6分
【解説者】千葉清加(ヴァイオリニスト)、小室敬幸(作曲家・音楽ライター)

②コンサート(本番)
2018年5月11日(金)19:00開演
【会場】南麻布セントレホール 日比谷線広尾駅より徒歩6分
【出演】
 酒井有彩(ピアノ)伊東真奈(ヴァイオリン)
 大山平一郎(ヴィオラ)加藤文枝(チェロ)
【曲目】
 ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲 作品1-1 変ホ長調
 フォーレ:ピアノ四重奏曲 第1番 ハ短調 Op.15
 
【料金】
・本公演   一般4,000円 学生2,000円 当日精算
・リハーサル 一般1,000円 学生500円 当日精算
※リハーサル・本公演両方ご参加の場合、本公演チケット代から500円引き

【共催】 一般社団法人 Music Dialogue、サポート ミュージック ソサィエティ 
【助成】 公益財団法人 日本室内楽振興財団、芸術文化振興基金助成事業
【認定】 公益社団法人 企業メセナ協議会

【お問い合わせ】 info@music-dialogue.org 03-5791-3070
【お申込み】https://pro.form-mailer.jp/lp/1219b4be134620

室内楽というとおとなしいイメージかもしれませんが、実際に参加してみるとライブ感や迫力溢れる演奏に圧倒されると思いますよ!
今までの演奏会とは全く違った参加型の体験、ぜひ足をおはこびください!

●一般社団法人 Music Dialogue
http://www.music-dialogue.org/

「2018年本屋大賞」は、「かがみの孤城」(辻村深月/ポプラ社)に!

「全国書店員が選んだ いちばん!売りたい本 2018年本屋大賞」が発表され、大賞に「かがみの孤城」辻村深月(ポプラ社)が選ばれました。
180413kagamino
「かがみの孤城」は、ある共通点を持つ中学生7人が、鏡でつながった不思議な城で出会い、成長していく姿をつづるファンタジーだといいます。
著者の辻村さんは、2014年から2016年まで3度、ノミネートされていましたが、今回、初の大賞受賞となりました。

また、「翻訳小説部門」は、西本かおるさん翻訳の「カラヴァル 深紅色の少女」ステファニー・ガーバー(キノブックス)が、「発掘部門」では、「異人たちの館」折原一(文藝春秋)が「超発掘本!」に選ばれました。
180413カラヴァル

180413異人たちの館
「カラヴァル 深紅色の少女」は、魔法とウソに満ちた世界で、17歳の少女スカーレットが姿を消した妹を探して冒険と恋に翻弄されながら成長していく姿が描かれている物語。
少部数書籍で、アマゾンのランキングも発表前は60万位台?!だったそうですが、発表から一夜明けて英米文学研究カテゴリのベストセラー1位にジャンプアップしたそうですよ!どんなお話なのか、気になります。

大賞受賞作は、映画などで映像化されることが多く、注目を集める本屋大賞。
受賞作品はもとより、10作品あるエントリー作品も面白そうな作品がずらりと並んでいて、この時期は本屋さんの店頭を見るのが一層、楽しみになります。
皆さんは、どんな一冊が気になりましたか?

受賞された皆さん、おめでとうございます!

●NPO法人本屋大賞 HPはこちら▼
https://www.hontai.or.jp/

世界で人気急上昇?!の秋田犬の保存、発展をめざす―公益社団法人秋田犬保存会

日本人メダリストが冬季五輪史上最多となった平昌五輪。
女子フィギュアスケートで活躍したロシア人選手が「ほしい!」といって注目を浴びたのが、日本の天然記念物にもなっている「秋田犬」です。

秋田犬は日本古来の犬種で、しっかりした体格、くるりとした尻尾、耳がたっているのが特徴です。「忠犬ハチ公」が秋田犬であることは有名です。
ロシア人選手は、日本に滞在したときにたまたま雑誌で見かけた「秋田犬」に一目ぼれしたそうですが、こうしてみると、独特な愛らしさがありますね。
180330秋田犬保存会
(第133回本部展名誉章犬の榛美号(メス)。画像は秋田犬保存会HPより拝借しました)

今回、ロシア人選手には、秋田犬の保存や血統登録などを行なう秋田犬保存会からメスの秋田犬1頭が寄贈されることになりました。
実はいずみ会計とご縁のある秋田犬保存会。ロシアのプーチン大統領や、古くはヘレンケラー女史にも秋田犬を寄贈した実績があります。
日本が誇る秋田犬を海外へ紹介するのも、秋田犬保存会の大事な仕事だといいます。

日本では古来、愛されてきた秋田犬ですが、近年は海外でも人気急上昇中?!ヨーロッパやアメリカ、アジアなど、海外にも秋田犬保存会の支部等が続々と誕生しています。
秋田犬グッズや秋田犬博物館(秋田県大館市)も人気があるようですね!
中国などには、精巧に偽造した血統書をつけた偽の秋田犬を販売する悪徳業者もいる、というニュースをきいたときには「ニセモノが出るなんて、本当に人気があるんだ!」と驚くとともに、純粋な秋田犬の保存の大切さを改めて感じました。
(ちなみに、最近発行した本物の血統書には、偽造防止のための「透かし」が入っているそうです。)

これからますます人気に火がつきそうな秋田犬。日本古来の犬種の保存と発展の縁の下の力持ちである秋田犬保存会の活動にも、ぜひご注目ください!


●公益社団法人秋田犬保存会
http://akitainu.sakura.ne.jp/

綺麗な姿勢・リフトアップが長続き!パワージュエル®セラピーのサロン-サロン ド ルネ ~Salon de Renée~

先日、いずみ会計とご縁のある一般社団法人パワージュエルセラピー協会(PJTA®)直営サロン「サロン ド ルネ ~Salon de Renée~」で、パワージュエル®セラピーを受けてきました!

パワージュエル®セラピーは、だれもが持っている自己回復力を引き出し、美しく健やかな自分を取り戻すために、美容からボディまでホリスティックなケアをする、PJTA®独自のエネルギーセラピーです。

「セラピストが施術をするだけの一方的なセラピーではなく、お客様と共に身体からのメッセージを受け取り、調整力や回復力を目覚めさせ、自分の力でキレイに健康に再生することをアシストしていきます。
パワージュエル®で整えると〈効果の持続性〉により、キレイな姿勢やリフトアップが無理なく長続きすることから、それを身体が自然に意識することができ、本当に必要な筋肉を使うことができるのです。」(PJTA®)

というパワージュエル®セラピー。私はPCを使う仕事のせいか、もともとの癖なのか、やはり姿勢が悪くなる傾向があるので、ときどきチェックしてもらいながら施術をしてもらっています。
180316サロンドルネ
施術中は、担当スタッフの方に「ここが曲がっていますねー、ちょっと体を回してみてくださいー」と、自分では曲がっている意識はないのですが鋭い指摘。
言われたとおりに体を回すと「やはりここ、ちょっとバランス悪いですね」とポイントをすぐに見つけてくださり施術をしてもらえます。

施術すると効果てき面!まるで使用前・使用後のように全く体の調子が違いますし、見た目も全体的にシュッとした感じになります。
それなのに、施術事態は痛くもかゆくもありません!!
リラックスできるサロンの雰囲気も心地よく、担当スタッフの方にお任せしていると体のゆがみがとれていくー!という感覚は本当に快感!です。

丸の内線新大塚駅から徒歩5分、完全予約制の、大人の女性にオススメのサロンです。

■サロン ド ルネ ~Salon de Renée~
※詳しい場所、サロンメニュー、ご予約等はこちらから▼
https://power-jewel.com/category/renee/

NGOの力を集結させるNGO、30周年記念募金にご協力ください!-認定NPO法人 国際協力NGOセンター(JANIC)

いずみ会計とご縁のある認定NPO法人 国際協力NGOセンター(JANIC)さんが、設立30周年を迎えました。

1987年に設立したJANICは、NGOの力を最大化することで、世界の社会課題解決の促進を目指し、日本のNGOを正会員とする、日本有数のネットワークNGOです。
現在、日本の国際協力NGOは400以上あるといわれ、貧困・飢餓、環境破壊、紛争、災害などの社会課題を解決するため、世界100カ国以上で活躍しています。
しかし、その多くは、欧米のNGOに比べ規模が小さく、人材や資金の確保など、さまざまな課題を抱えています。
JANICは、ネットワークをつくることで、NGO間、政府や企業、労働組合、自治体等との連携・協働を進め、NGOの力を最大化し、社会課題解決の促進を目指しています。

30周年のレセプションで、JANICは、「持続可能な開発目標(SDGs)達成のために、多様なNGOの力の最大化を図ると共に国内外のソーシャルセクターとイシューをつなぐ、日本のNGOのナショナル・プラットフォームを目指す。」ことを2030年までの新戦略として発表しました。
参加するアクターを増やすことで社会課題解決のインパクトを高め、そのスピードをあげるため、「国際協力を再定義と会員要件を緩和」すること。
多様なアクターのパートナーシップを促進し、解決のイノベーションを起こす「ワーキンググループ」の立ち上げ「JANIC国際協力フォーラム(仮称)」の開催
国際的なNGOネットワークの日本側コンタクトポイント機能を強化し、「国際的なムーブメントの創出に貢献」すること。
―と、社会の変化にあわせて変わっていくJANICの形が示されました。

180306JANIC30周年
(JANIC30周年記念レセプション)

JANICでは、今後の活動に使うための「30周年記念募金」を受付中です。
この募金の目標金額は150万円
「2017年12月から現在までで、1,154,772円のご寄付をいただきました。ご支援者の皆様に心より御礼申し上げます。皆さまの支えが、これからのJANICをつくります。ぜひご寄付をお願いします。」(JANIC)
というこの募金、目標まであと、約35万円です。
2018年3月10日まで受け付けています。ぜひご支援のほど、お願いいたします!

※なお、JANICは認定NPO法人のため、寄付金控除の対象になります。

■NGOの力を最大化する―JANICのHPはこちら▼
http://www.janic.org/

●JANIC30周年、これまでの歩みとこれからの目標はこちら▼
http://www.janic.org/janic_30th_anniversary/

●JANIC30周年記念レセプションの様子はこちら▼
http://www.janic.org/blog/2018/02/20/report_30th_anniversary_reception/

●一般寄付、マンスリーサポート、遺贈寄付、物品寄付も
受け付けています!▼

http://www.janic.org/donation/