いずみ会計事務所の「ためになるブログ」Season2

東京都千代田区二番町(麹町)で開業している「いずみ会計事務所」のブログです。税務・経理や会計の最新動向から、顧問先企業のご紹介まで、女性税理士ならではの視線で綴ります。

税金/所得税

セルフメディケーション税制、使いたいけれど何を買えばいいの?

【質問】
我が家では花粉症の者、おなかの調子をすぐこわす者などがおり、市販薬を購入する機会が多いです。
自分が買っている市販薬が、セルフメディケーション税制の対象になるのかどうかを判断するポイントはありますか?

【回答】
スイッチOTC医薬品には、パッケージのどこかに「共通認識マーク」が入っていることが多いので、目安になるかと思います。また、ドラッグストアなどでは、スイッチOTC医薬品がわかるよう、陳列の工夫などをしているところもあります。


平成29年度から本格的に適用がはじまった「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)」は、予防接種や健康診断の受診など、健康の維持増進・病気等の予防のために一定の取組を行う個人を対象に、平成29年1月1日以降に、特定の市販薬(スイッチOTC医薬品)を、年間1万2000円を超えて購入した際に、1万2000円を超えた部分の金額(上限金額:8万8000円)について所得控除を受けることができるものです。

スイッチOTC医薬品は、現在1600種類以上が指定されており、ある製薬会社の調査によると「セルフメディケーション税制対象商品の市販薬市場規模に対する構成比は18%だといいますが、薬効別に見ると市場規模の大きいかぜ薬は52%、解熱鎮痛薬が67%、外用鎮痛・消炎剤は51%を占め、さらに季節性の高い鼻炎治療薬は40%、水虫治療薬にいたっては78%を占める」といい、一部のドリンク剤や虫刺され薬など、さまざまな薬効のものがあります。

そうなると、どうせ薬局で買うならスイッチOTC医薬品を買いたい、と思う方もいらっしゃるかと思います。

スイッチOTC医薬品は、パッケージのどこかに共通認識マークが入っていることが多いため、一定の目安になるかと思います。(一部の商品には、マークが入っていないものもあります)
個人03-セルフメディケーション医薬品マーク
(共通認識マーク)

また、ドラッグストアなどでは、スイッチOTC医薬品がわかるように陳列の工夫などをしているところもあります。
わからなかったらば、「この商品はスイッチOTC医薬品ですか?」と薬剤師等に聞いてみるといいかもしれませんね。


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから

皆さんのお財布に影響大?!平成29年度税制改正のポイント(個人 所得税)を寄稿

【ポイント】
平成29年度の税制改正における、個人の所得税関連の改正ポイントについて、「スモビバ!」サイトに寄稿させていただきました。
私たちのお財布に直接影響する改正などが多いので、ぜひご参照ください!



平成29年度の税制改正における、個人の所得税関連の改正ポイントについて「スモビバ!」サイトに寄稿させていただきました!
「皆さんのお財布にも影響あり!? 平成29年度税制改正 〜個人 所得税編〜」▼
http://www.sumoviva.jp/trend-tips/20170417_1323.html

「スモビバ」、「スモールビジネス(個人事業主、中小企業、起業家)の業務や経営にまつわる疑問や課題をみんなで解決していく場」として、中小事業主の方に役立つ情報を、タイムリーに、わかりやすく紹介・解説しているサイトです。

平成29年度の税制改正、個人の所得税では、配偶者控除の所得上限の引き上げ(150万円に)、セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)の適用開始、積立NISAの創設や、一定の所得税の手続き書類の簡略化など、私たちのお財布に直接影響する改正や、手続きが楽になる改正などが行われることになりました。

詳しくは「スモビバ!」サイトをぜひご覧ください!

●スモールビジネス(個人事業主、中小企業、起業家)の業務や経営にまつわる疑問や課題をみんなで解決していく場
「スモビバ!」サイトはこちらから▼
http://www.sumoviva.jp/

いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから

オトクなのに認知度16%?!「セルフメディケーション税制」って何?

【ポイント】
予防接種や健康診断の受診など、健康の維持増進・病気等の予防のために一定の取組を行う個人を対象に、平成29年1月1日以降に、特定の市販薬(スイッチOTC医薬品)を、年間1万2000円を超えて購入した際に、1万2000円を超えた部分の金額(上限金額:8万8000円)について所得控除を受けることができるオトクな制度が「セルフメディケーション税制」です。



2017年1月、大手製薬会社の大正製薬が「セルフメディケーション税制に関する生活者調査」の結果を発表しました。
「セルフメディケーション税制」制度について、2016年12月時点で「この制度を聞いたことがある」という方は42%、「内容まで理解している」という方はわずか15.8%に留まっていることがわかりました。

「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)」とは、次のような制度です。

●平成29年1月1日以降に、特定の市販薬(スイッチOTC医薬品)を、年間1万2000円を超えて購入した際に、1万2000円を超えた部分の金額(上限金額:8万8000円)について所得控除を受けることができるものです。
●購入金額には、家族が購入した特定の市販薬の代金(=生計を一にする配偶者その他の親族の分)も含まれます。
予防接種や健康診断の受診など、健康の維持増進・病気等の予防のために一定の取組を行う個人が対象となります。
従来の医療費控除制度とセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)を同時に利用することは、できません。

これまでの医療費控除は、ざっくり言うと「『年間の医療費の支出額-10万円』が所得控除される」というのが原則的な考え方です。
かたやセルフメディケーション税制は、ざっくり言うと「年間の特定の市販薬の購入額-1万2000円(8万8000円が限度)」が所得控除されるのが原則です。

花粉症などの季節性の鼻炎薬や風邪薬、頭痛薬、水虫の薬など、スイッチOTC医薬品は現在1600種類以上の対象品があります。
これらの薬を定期的に購入している世帯は、セルフメディケーション税制で税金をオトクにできる可能性がありますよ!


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから

確定申告が間違っていた!どうすればいいの?

【質問】
3月に提出した所得税等の確定申告が間違っていました。
どうすればよいのでしょうか?

【回答】
税額を少なく申告していたことに気付いた時は、修正申告をして正しい税額に修正してください。また、税額を多く申告していたことに気付いた時は、「更正の請求」を行い、正しい税額への訂正を求めることができます。



確定申告書を提出した後に間違いに気づくこともあります。
その場合、税額を少なく申告していたのか、多く申告していたのかによって、手続きが異なります。

税額を少なく申告していたことに気付いたときは、「修正申告」をして正しい税額に修正します。
修正申告は、税務署長による更正があるまではいつでもできますが、なるべく早く、修正申告書を所轄税務署に提出してください。
修正申告によって新たに納める税額は、修正申告書を提出する日(納期限)までに、延滞税と併せて納めることも必要になります。

修正申告によって納める税額には、法定納期限(平成28年分の所得税及び復興特別所得税は平成29年3月15日(水)、消費税及び地方消費税は平成29年3月31日(金))の翌日から納付する日までの期間について延滞税がかかりますので、できるだけ早く申告・納付するようにしてください。
また、修正申告をする場合や、税務署長が更正を行う場合には、加算税が賦課される場合があります。

一方、確定申告書を提出した後で、税額を多く申告していたことに気付いたときは、「更正の請求」をして正しい税額への訂正を求めることができます。
この場合は、「更正の請求書」を作成し、所轄税務署長に提出してください。
請求内容が正当と認められたときは、正しい税額に減額されます。
なお、更正の請求ができるのは、平成24年分から平成28年分の確定申告については、法定申告期限から5年以内となりますのでご注意ください。


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから

確定申告の還付金、いつ頃戻ってくるの?

【質問】
3月15日に確定申告をして、そこそこの金額の税金が戻ってくる予定です。
税金はいつ頃戻ってくるものなのでしょうか?

【回答】
2月・3月に提出されたものについては、1ヶ月から1ヵ月半くらいの期間を経て還付されることがあります。


所得税等の確定申告をして、税金が戻ってくる方もいらっしゃるかと思います。
実際は払いすぎていた税金の戻りであるとはいえ、まとまった金額が返ってくると、ちょっとした臨時収入みたいな気分になるので、うれしいですよね?!

そうなると、いつ頃税金が戻ってくる(「還付金」といいます)のかが気になるところです。
還付金については、申告書の記載内容や添付書類等の審査などの処理を経て、支払われます。そのため、還付金の支払までには、ある程度の日数がかかってしまいます。

特に、2月・3月の所得税等や消費税等の確定申告期間中は、大量の申告書が提出されるため、還付金の支払手続にはおおむね1か月から1か月半程度の期間がかかることがあります。
そのため、提出期限ぎりぎりに提出した確定申告の場合、4月中旬から下旬くらいに還付されることが多いかと思います。

なお、自宅や税理士事務所からe-Tax(電子申告)で提出された還付申告は3週間程度で処理されることが多いようです。
また、e-Taxで1月・2月に提出された場合2-3週間程度で処理されるので、還付金の支払も早くなる傾向にあります。

還付金がある申告の場合、確定申告の期間より前に提出することができる場合があります。
今年は提出期限ギリギリに提出だったけれど、来年以降は還付金を早くGetしたい!という方は、年明け早々に申告書を提出するとよいかもしれませんね!


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから