いずみ会計事務所の「ためになるブログ」Season2

東京都千代田区二番町(麹町)で開業している「いずみ会計事務所」のブログです。税務・経理や会計の最新動向から、顧問先企業のご紹介まで、女性税理士ならではの視線で綴ります。

業務日常

税理士の日々研鑽-専門家が専門家に相談できるメーリングリスト

税理士国家試験に合格した税務の専門家です。クライアントの皆様は、税務の専門家としての能力とスキルを信頼して、様々なご相談を寄せてくださいます。

税理士が扱う「税務」の範囲は法人税・所得税・相続税といった国税関係、固定資産税や住民税などの地方税関係、酒税など特別な業種に関係するもの税目だけでもかなり広い範囲に及びます。

各税法には業務内容やレアケースに対応するための特例があり、税理士は最低でも「特例が存在する」ことを理解し、そのような事例には特別な対応をしなければいけません。

さらに、毎年の「税制改正」(A4で100ページ以上にわたる)によって変わっていく税制にも対応することも欠かせません。

そもそもの話として、税務処理には明確な答えがなく、ケースバイケースで考えなければならないことも少なくありません。
こうしたことから、税理士一人ですべての税務分野に精通することは難しいのが現実です。

税理士は試験合格後も日々の研鑽が欠かせません。
そんな税理士が税務実務において判断に困った時、その税目やジャンルにおけるエキスパート税理士に直接相談できる仕組みがあります。
それが「税務相互相談会メーリングリスト」(運営:株式会社KACHIEL)です。
211119
「税務相互相談会メーリングリスト」は、税理士等の専門家が税務実務において判断に困った時、その税目のエキスパートに直接相談できるサービスです。
会員700名によるリアルタイムの質問がやり取りされ、参加者同士の互助的なやり取りだけでなく、メイン回答者を担当する複数の税理士がいるため、メーリングリストにありがちな「誰も回答してくれない」ということがないのが特長です。

ちなみに私はこのメーリングリストの中で「公益法人・一般社団(財団)法人・非営利法人(NPO法人)等」ジャンルのメイン回答者として、他の税理士からの問い合わせに回答しています!

税務の専門家専用のメーリングリストは、専門分野の中でも極めてレアなケースや複雑な事例など、税理士が判断に迷う事例の質疑が集まっているため、読むだけでも勉強、研鑽になります。
中には私の専門ジャンルの質問でも明確に答えが出せない事例をご相談いただくこともありますが、そのような場合は、過去に同様事例がないか検索確認し、参考資料を確認したり、あるいは私本人が関連質問を投稿して回答をいただき、解を導き出すこともあります。

「税務相互相談会メーリングリスト」でのやり取りは、税理士にとって日々の研鑽の場になっています!


●利便性に加え、さらなる専門性を実現●
『税務相互相談会』

https://kachiel.jp/lp/sougosoudankai-iu

いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから

新しい500円硬貨、発行開始

2021年11月1日から、新しい500円硬貨の発行がはじまりました。

新しい500円硬貨は「バイカラー・グラッド」という二色三層構造になっています。
見た目は2色の金属でできたような形で、真ん中の金属が三層構造(グラッド技術)になっているそうです。

異形斜めギザという斜めのギザギザや、日本国と書かれている面の4隅に「JAPAN」「500YEN」という微細文字が書かれている、などの偽造防止の技術が施されています。

11月1日から発行がはじまり、金融機関から入手できるようになりますので、いつかお手元に届くと思いますよ!

ちなみに、旧500円硬貨も引き続き使えます。
昔の500円硬貨が使えなくなるなどと騙る詐欺もあるようですのでご注意ください。
現在、有効な貨幣が日本銀行のTwitterで公表されていました。
この資料によると、旧500円硬貨どころか、穴の開いていない旧50円硬貨(ニッケル硬貨)などもまだ使えるのですから、旧500円硬貨は余裕で使えますよね。
騙されないようにご注意ください!
211112


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから

ライブ配信を装ったフィッシング詐欺にご注意ください!

コロナ禍により自宅で過ごす時間が増え、インターネットの動画配信サービスを利用して映画やドラマ、スポーツなどの視聴を楽しんでいる方が増えています。
一方で、動画配信サービスを利用する際は、動画配信サービスを装うフィッシングサイトや偽の動画配信アプリもありますので注意が必要です。
210710
警視庁によると、
「インターネットの動画配信サービスで、スポーツイベント等を視聴するため、例えば『サッカー LIVE』等と検索してページを開くと、LIVE と表示された画面になるものの、視聴することができず、会員登録を促すメッセージと無料ライブ配信サイトのリンクが貼り付けられていることがあります。
このリンク先は、個人情報を盗むための、会員登録と称したメールアドレスやクレジットカード情報の入力を求めるフィッシングサイトです。
万一情報を入力してしまった場合、クレジットカードの不正利用被害等のサイバー犯罪に悪用される可能性があります。」
と、その手口が紹介されています。

現在、全国各地で行われている東京2020オリンピック聖火リレー、先日行われたゴルフのメジャートーナメント大会や一昨年に日本で開催されたラグビーの世界大会でも、ライブ配信や無料配信を騙ったフィッシングサイトや偽の動画配信アプリに誘導する手口が確認されています。

今後、東京2020オリンピック・パラリンピックの競技をライブ配信すると騙るフィッシングサイトの出現が予想されますのでご注意ください。

対策としては、
・ウイルス対策ソフトを導入し、OSやアプリは常に最新バージョンに更新した状態にする。
・動画配信サービスやSNSに貼り付けられたリンクやURLを安易にクリックしない。
・あらかじめ正規の動画配信サイトを、お気に入りに登録しておく。
・安易に個人情報等の入力はしない。

といったことに気を付けるようにしてください。


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから

QRコードを悪用したサイバー犯罪(4)悪意あるQRコードへの対策

「ピッ」とするだけでWebサイトの閲覧やアプリのダウンロード、ポイント登録、料金の支払いや送金までできる手軽さで、私たちの日常にすっかりおなじみになったQRコード

こうした使いやすくて実用的なQRコードゆえに、サイバー犯罪にも便利に使われていることがあり、注意が必要だということが、カスペルスキー社のデイリーレポート「QRコードを悪用したサイバー犯罪」(以下「カスペルスキー社レポート」で発表されました。

悪意ある者がQRコードを使用した攻撃を成功させるには「相手にQRコードをスキャンさせること」が必要となります。
そのために使われる方法として、カスペルスキー社レポートは次のような方法を示唆しています。
210617
●偽のアプリダウンロード用Webサイト:
悪意あるアプリをダウンロードさせるため、自分たちのWebサイトへ誘導するQRコードを広告バナーやメールに配置する方法で、紙の広告に印刷されているパターンもあります。信頼性を高めるため、Google PlayやApp StoreのロゴがQRコードの横に添えられていることがよくあります。

●すり替え:
ポスターや展示の説明に掲載されている本物のQRコードの上に、偽のQRコードを貼る方法です。
(以上、カスペルスキー社レポート)

QRコードを使用する場合の注意点として、カスペルスキー社レポートでは次の点を推奨しています。

・明らかに出所の怪しいQRコードは読み取らない。
・コードをスキャンしたときに表示されるリンクを、注意して確認する。URLが短縮されている場合は特に用心する。QRコードの場合、リンクを短縮する必要はない。)
・QRコードを読み取るのではなく、検索エンジンや公式ストアから探しものを見つける。
・ポスターや展示案内などに付いているQRコードをスキャンする場合は、元の画像の上に貼られたコードではないかどうか、ざっと確認してからスキャンする。
・QRコードが付いた文書はSNSに投稿しない(QRコードには、電子チケット番号など、価値ある情報が含まれている場合もあるため

手軽さゆえになんとなく使っていたQRコードですが、これからは気を付けて使っていきたいですね!

いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから

QRコードを悪用したサイバー犯罪(3)特定の操作を実行するQRコード

私たちの日常にすっかりおなじみになったQRコード
使いやすくて実用的なQRコードは、サイバー犯罪にも便利に使われていることがあり、注意が必要だということが、カスペルスキー社のデイリーレポート「QRコードを悪用したサイバー犯罪」(以下「カスペルスキー社レポート」で発表されました。

QRコードの役割として、Webサイトへ誘導するだけでなく、読み込むと特定の操作を実行するものもあります。
210611
カスペルスキー社レポートでは例として次のような操作を指摘しています。
・連絡先を追加する
・通話を開始する
・メールの下書きを作成して、受信者と件名を入力する
・テキストメッセージを送信する
・ユーザーの居場所をアプリと共有する
・SNSのアカウントを作成する
・カレンダーでイベントを作成する

・優先的に使用するWi-Fiネットワークを、自動接続用の認証情報と一緒に追加する
「共通しているのは、一般的な操作を自動化している点です。
例えば、QRコードをスキャンすることで、名刺から連絡先情報を追加したり、駐車料金を支払ったり、ゲストWi-Fiネットワークにアクセスできるようになったりします。」(カスペルスキー社レポート)
といいます。

具体的には
・QRコードを読み取って追加したのが詐欺師の連絡先で、連絡先を『銀行』という名前で連絡帳に追加してしまったとき、その詐欺師からの電話を『どこかの銀行から電話が来たと』思って信用してしまう。
・長距離電話をかけられてしまって料金を支払うことになる
・自分の居場所が知られる

といった可能性があるといわれています。
QRコードの悪用でできることはかなり多く、被害も大きくなりそうなので注意したいですね。


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから