いずみ会計事務所の「ためになるブログ」Season2

東京都千代田区二番町(麹町)で開業している「いずみ会計事務所」のブログです。税務・経理や会計の最新動向から、顧問先企業のご紹介まで、女性税理士ならではの視線で綴ります。

ビジネス

金融法務に強い行政書士―行政書士泉法務研究所

税理士の仕事をしていると、様々な専門知識やスキルを持つほかの専門家と協働して問題解決に当たることも少なくありません。

最近ですが、知人の行政書士を介して、金融法務を中心にご活躍されている、行政書士泉法務研究所行政書士 泉祐三さんにご相談する機会がありました。
180615
(行政書士 泉祐三さん)

行政書士の取り扱い業務はとても幅広いのが特徴です。
行政書士泉法務研究所でも、金融法務のほか、建設業や宅建業など各種許可申請・管理、契約書の作成、法人の設立や資金調達、吸収合併や事業譲渡などの企業法務、相続税関連業務などの市民法務なども行なっています。

さて、その金融法務ですが、第2種金融商品取引業登録、投資助言、代理業登録、投資運用業登録など、金融法務だけでも様々な業務があるそうです。
また、登録に際しては、関係機関との交渉も多いため、実務と法令との関連性や交渉のノウハウも併せ持つ行政書士は少なく、大切な存在です。

また、たとえば、の話になりますが、通常の現物不動産売買の媒介等を行う場合は、宅地建物取引業の許可(いわゆる宅建業許可)だけでOKですが、高額な物件については現物不動産を信託受益権化するケースが多々あり、この受益権売買の媒介等を行う場合には、これまでの宅建業の許可だけではNGとなり、「第2種金融商品取引業の登録」が別途求められることになります。
このように、新しい業務を始める際に金融法務が必要になるケースは少なくありません。

今回の私も、新しく貸与型の奨学金事業をはじめることを検討している団体について、泉先生のお知恵をお借りしたく、ご相談をお願いしました。
貸与型の奨学金事業は、貸金業に該当するため、どうしても金融法務の実務的な知識とノウハウが必要でとなるからです。
税理士一人で解決しきれない案件も、いずみ会計では、高度な専門知識を持つほかの専門家と協働して課題解決を行なっています。

私の知る限り、金融法務を専門とする行政書士は数が少なく、珍しい分野の専門家です。
社外法務部として、幅広い皆様のお手伝いもなさっていますので、困ったときには相談されてはいかがでしょうか?!

●行政書士泉法務研究所 HPはこちら▼
http://www.izumigyousei.com/

第3回エンディング産業展でトークディスカッションをしました!

8月23日、24日、25日の3日間、東京ビッグサイトで、供養業界最大級のイベント「第3回 エンディング産業展」が開催されました。
「エンディング産業展」とは、葬儀・埋葬・供養に関する、設備・機器・サービスの集まるエンディング産業に関する専門展示会です。
祭業・墓苑・霊園管理者、寺社仏閣の宗教関係者、自治体の生活衛生関連の方々が28,000人集まる商談・情報交換のための専門展示会として、東京ビッグサイトで盛大に開催されました。

当日は様々な関連するイベントやセミナーも行われ、私は「正しいお寺の守り方」というテーマで、弁護士、お寺関係のコンサルタント、税理士(浦田)のトークディスカッションを担当いたしました。

お寺は、宗教法人として公益法人的な性質を持つ法人です。
その一方で、エンディング産業の中心的な存在、ということもできます。
少子高齢化が進み、お寺と檀家の皆さんとの関わり方なども少しずつ変化している中で、お寺が本来の役割を果たすために何をすべきか、制度面や会計面など、あらゆる側面からディスカッションしました。
ディスカッションのブースは30名ほどの定員でしたが大盛況でした!

最近、終活やお墓をどうするかなど、エンディング関連の活動が個人レベルでも注目を集めています。
そのようなホットなテーマでディスカッションができたことはとても勉強になりました。


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから

NPO法人の資金調達のお悩みを解決?!オススメ書籍「非営利団体の資金調達ハンドブック」

今日は、いずみ会計とご縁のある、日本ファンドレイジング協会理事の徳永洋子さんの新刊著書「非営利団体の資金調達ハンドブック」をご紹介いたします。
170331書籍紹介
全国には、10万超のNPO法人があるといわれています。
そして、多くのNPO法人において、最大の悩みといえば「資金をどう獲得するか?」というところではないでしょうか。

著者の徳永洋子さんは、ファンドレイジング(資金調達)の先進国である欧米の方法を「日本流にアレンジ」し、きょうからすぐ使える技法を伝えています。
徳永さんの講演を受講された方は、なんと1万人を超える、という大人気の講師で、
「講演などで話しているファンドレイジングのノウハウを初めて本書で集大成しました。」(徳永洋子さん)
という本書の特徴は、「資金獲得」という悩ましい問題に対して、「具体的な答え」を示しているところ!です。

たとえば寄付の依頼
寄附がなかなか集まらない…と思われている法人の方も多いかと思いますが、本書では「手法がある」と説明されています。
その具体的な一例として、NPOのウェブサイトの寄付メニューで「寄付会員になって継続的に支援(月々1000円から)」と「今回のみ自由な金額で寄付する」の2つのタブを設け、「継続支援」をディフォルトとする(導線を「太目」にする)というものが紹介されています。

ほかにも、イベントに集客する4つのポイント、 助成金申請から採択までの6つの留意点など、「やってみても、うまくいかなかった!」と悩ましいポイントを、手紙やメール、申請書のサンプルを示して非常に具体的に示しています。

活動そのものや運営上のポイント、Webやシステムの活用方法など、理事等の法人運営に携わる人が考えるべき問題も網羅されており、NPO法人必携の1冊だと思います!
NPO法人のあり方を理解し、マーケティング等に応用したい企業の方にもオススメです。
ぜひ一度、お手にとってごらんください!


■非営利団体の資金調達ハンドブック
徳永 洋子 (著)/時事通信社
※Amazonからもお求めいただけます▼
https://www.amazon.co.jp/dp/4788715104

初版限定の豪華特典も!オススメ書籍「職場のストレスが消える コミュニケーションの教科書―上司のための『みる・きく・はなす』技術」

今日は、いずみ会計とご縁のある武神 健之さん(産業医・一般社団法人日本ストレスチェック協会代表理事)著書「職場のストレスが消える コミュニケーションの教科書―上司のための「みる・きく・はなす」技術」(きずな出版)をご紹介いたします。
170324職場のストレスが消えるコミュニケーションの教科書
「クライアントのわがままにイライラする」
「月曜日の朝、会社に行くのが憂うつでたまらない」
皆さんの中には、程度の差はあれ、そう感じたことがある方がいらっしゃるかと思います。

また、組織のリーダーの方々の中には、ほめ方や叱り方研修、リーダーシップ研修、パワハラ研修、メンタルヘルス研修など、さまざまなノウハウ・技術研修を受けても効果がでないと思っていらっしゃる方も少なくありません。
部下を怒れば「パワハラ」といわれ、ほめれば「セクハラ」と敬遠され、自分なりにがんばっているのに何が問題なのだろうか?とお悩みの方、そのような悩みに気づけない方もいらっしゃいます。

職場にはつきもののストレスを消すためには、組織内でのうまいコミュニケーションが必要不可欠です。
その、うまいコミュニケーションのコツが、「みる・きく・はなす」技術だといいます。

著者の武神 健之さんは、世界的企業で通算1万人以上のビジネスパーソンのストレスと向き合ってきた産業医、という専門家の立場から、本書のポイントを
「メンタルヘルス不調者やハラスメント被害者を出さない部署のリーダーに共通する傾向を探り、そうしたリーダーの方々の多くの方が共通してできていることをまとめたもの。」(武神 健之さん)とおっしゃっています。

3月18日に出版されたばかりの本書、早くも大好評ですが、初版本をお求めいただいた方に限り、特典動画へのご案内があるそうです!

「特典動画の内容は『モチベーションの嘘』(私はモチベーションという言葉が大嫌いです)『怒る、叱る、よりももっといい方法』『表情の大切さ』『ダメな上司の見分け方』など、本に書けなかった刺激的な内容です。」(武神 健之さん)
と、職場のコミュニケーションに役立つ、ぶっちゃけ情報?!満載です。

ご購入いただくなら、初版本が絶対オススメです!お求めはお早めに!

■職場のストレスが消える コミュニケーションの教科書
―上司のための「みる・きく・はなす」技術■

武神 健之(著)/きずな出版/2017年3月18日出版
▼ご購入はこちらから▼(Amazonへのリンクです)
http://amzn.to/2mGB4RM


■一般社団法人 日本ストレスチェック協会さんのHPはこちら▼
https://jsca.co.jp/
※無料で厚生労働省が示す標準的9質問のストレスチェックテスト、メンタルヘルス健診を実施中!
ストレス対策やメンタルヘルス対策の分野において、人と企業の意識の役割に関する研究・教育・普及啓発活動を行っています。

日本に数少ない、公益法人法務で頼れる弁護士-梅本 寛人弁護士(梅本・栗原・上田法律事務所)

税理士の仕事は、顧問先の会計や税務相談の対応だけではありません。
「ヨロズ相談の窓口」という感じの業務も意外と多いんです。

たとえば、会計や税務に関連するかも、と、お客様から法人運営に関する相談を受けることもありますし、トラブルが起こってどうしよう?!という相談なんかもあります。

ヨロズ相談の中でも慎重な対応が求められるのが、法律の絡む問題
こういうときは、やはり弁護士の登場です。

そこで、私がよくお世話になるのが、梅本・栗原・上田法律事務所の梅本寛人弁護士です。
梅本弁護士は、公益・一般法人,宗教法人,医療法人等の非営利法人法務を得意とする弁護士のお一人です。
170203梅本弁護士
株式会社などの会社の法務に詳しい弁護士は少なくないのですが、現在の一般法人・公益法人制度に精通した弁護士は非常に数が少ないのが現状です。
そのような中で、事務所開設当初から公益法人・一般法人に関する法務に力を入れておられ、非営利法人法務のスペシャリストとしていろいろな相談をさせていただいております。

雑談をしていて「これから何か問題が起きるかも(でも解決方法がわからない)」と感じたとき(一般的に「予防法務」といいます)や、突発的なトラブルが起こったような場合は、私は弁護士に相談するよう勧めています。
法律が絡む問題となると、相談する方も不安で一杯だと思います。
そんなときに、「話しやすい」弁護士だとなんだかほっとする…梅本弁護士は、本当に「話しやすい」あたたかなお人柄も魅力なんですよ!

困ったときには、ぜひ税理士や弁護士などの専門家にご相談ください!
自分の専門外だな、と思ったときは、適任の専門家をご紹介できますよ!


■梅本・栗原・上田法律事務所
〒102-0083東京都千代田区麹町1-6-6 プルミエ麹町ビル7階
TEL:03-6272-6918
URL:http://www.uku-law.jp/