いずみ会計事務所の「ためになるブログ」Season2

東京都千代田区二番町(麹町)で開業している「いずみ会計事務所」のブログです。税務・経理や会計の最新動向から、顧問先企業のご紹介まで、女性税理士ならではの視線で綴ります。

お知らせ

軽減税率の導入により、帳簿と区分記載請求書等の保存方法が変わります!

【ポイント】
2019年10月1日の軽減税率の導入により、帳簿と区分記載請求書等の保存方法が変わります。ほぼ全ての課税事業者の方について適用されるため、注意が必要です。

180522請求書
2019年10月1日から、消費税率が原則として10%に引き上げられ、同時に軽減税率が導入されて、ざっくり「消費税率が2つ」になります。

これに伴い、現行の制度とは異なる帳簿及び請求書等の記載と保存方法が求められるようになります。対象商品の売上げ・仕入れがある課税事業者は、これまでの記載事項に税率ごとの区分を追加した請求書等の発行や記帳などの経理(区分経理)を行なうことになります。

また、仕入税額控除の要件は、現行、「帳簿及び請求書等(一定の領収書、納品書、レシート等も含む)の保存」ですが軽減税率制度実施後は、こうした区分経理に対応した帳簿及び請求書等(区分記載請求書等)の保存が要件となります。(これを「区分記載請求書等保存方式」といいます)

たとえ、本業で軽減税率の対象商品を取り扱っていない事業者の方であっても、たとえば会議用にお茶菓子を購入した場合などは、軽減税率対象のものを、消費税法上の「仕入れ」をしたことになりますので、結果としてほぼ全ての課税事業者の方に対して適用される、と考えてよいでしょう。

これにより、帳簿には、従来から記帳するよう定められていた、課税仕入れの相手方の氏名または名称、取引年月日、取引の内容、対価の額に加えて、軽減税率の対象品目である旨も記載しなければなりません。
請求書等についても、従来から記載していた請求書発行者の氏名又は名称、取引年月日、取引の内容、対価の額、請求書受領者の氏名又は名称に加えて「軽減税率の対象商品である旨」「税率ごとに合計した対価の額(税込み)」を記載する必要があります。

なお、取引額が3万円未満の場合や、自動販売機等から購入するなど請求書等の交付を受けることが困難な場合は、現行どおり、帳簿への記載により仕入税額控除が認められます。

2019年10月1日から、2023年9月30日までの間、この制度が適用されることとなります。


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから

NISA(少額投資非課税制度)口座、即日使えるようになります!

【ポイント】
平成31年1月1日以後の口座開設から、NISA口座を即日で開設し、同日に買い付けることが可能になります。

180515NISA
通常、投資信託や株式の譲渡益や分配金には、原則として20.315%の所得税が課税されます。しかし、NISA口座で買い付けた投資信託や株式については、その譲渡益や分配金が一定額まで非課税扱いとなります。
預金利息がほとんど期待できない昨今、資産運用の一つとして株式投資を考える人も増えています。その中で、少額投資非課税制度であるNISAは、着実に普及している制度です。

平成30年度の税制改正で、NISA口座を即日で開設し、同日に買い付けることができるよう改正され、NISA口座の使い勝手がさらによくなることとなりました。
平成31年1月1日以後の開設口座から適用されます。

これまでは、NISA口座の開設を申し込んでも、当日の買い付けは不可能でした。
というのも、NISA口座は1つしか開設することができないため、金融機関は税務署に対して二重口座でないことの確認を取る必要がありました。この確認作業に2週間程度の時間がかかっていたためです。

投資家の気持ちを考えると、口座開設のときには「これから投資をはじめるぞ!」という前向きな気持ちで開設すると思うのですが、開設した日には買い付けはできず、実際に取引ができるようになった頃には買い付けの熱意が失われてしまう・・・
ということもあったようで、実際に口座開設以降一度も買い付けが行なわれていない口座が相当数にのぼるなど、NISA口座の稼働率の向上に課題があったといわれています。

新しい制度では、税務署での二重口座確認前に、NISA口座を開設できる簡易届出の仕組みが創設され、即日買い付けができるようにします。
税務署は、事後的に二重口座の確認を行い、結果を金融機関に連絡します。
万一、二重口座であった場合は、金融機関はNISA口座で買い付けていた商品を開設当初に遡及して一般口座に移管することとなります。


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから

「Music Dialogue ディスカバリー・シリーズ 2018~2019」開幕!

いずみ会計とご縁のある一般社団法人Music Dialogueさんのイベント「Music Dialogue ディスカバリー・シリーズ 2018~2019」が、5月からいよいよはじまります!

ミュージック・ダイアログは、ヴィオラ奏者・指揮者として世界的に活躍する大山平一郎氏が、若い頃に往年の巨匠演奏家たちから直接学んできた音楽の真髄を、聴衆の皆さまや若い演奏家たちに伝え、受け継ぐために立ち上げられた一般社団法人です。世界の檜舞台で活躍できるような日本の若手演奏家を育成するとともに、室内楽のファンを増やすため、室内楽を通じた様々な「対話--Dialogue」を生み出す活動を行っています。

Music Dialogueの目玉であるディスカバリー・シリーズでは、お客様に室内楽のライブ感や気迫を感じていただけるように至近距離で演奏を聴いてもらえるような会場(定員60名!)を選び、「字幕解説付きリハーサル」では音楽づくりの舞台裏を公開したり、お客様と演奏者との対話を重視した企画内容になっています。すでに音楽会によく足を運ばれる方にも、あまり馴染みのない方にも、新しい「音楽の愉しみ方」を発見していただくとともに、若い演奏者たちの応援者になっていただくことも目的としています。

さてシーズン開幕となる5月11日は「巨匠の若き日」がキーワード。
雄渾なベートーヴェン、柔らかなフォーレ…というステレオタイプな作曲家像を心地よく裏切られること請け合いの名曲です。ミュージック・ダイアログでの共演回数も多く、ぴったりと息の合うメンバーによる充実のアンサンブルが楽しめそうです。

また、本番に先立ち、初めての練習の場にプロの字幕解説付きでご参加いただけるとのこと。音楽の試行錯誤とディスカッションを間近でお楽しみいただけますよ!

◆Music Dialogue
ディスカバリー・シリーズ 2018-2019 vol.1◆

ホームページはこちら▼
http://music-dialogue.org/event/actual/index.html

180427MusicDialogue
①字幕解説付きリハーサル
2018年5月8日(火)18:00~19:30(18:45開場)
【会場】南麻布セントレホール 日比谷線広尾駅より徒歩6分
【解説者】千葉清加(ヴァイオリニスト)、小室敬幸(作曲家・音楽ライター)

②コンサート(本番)
2018年5月11日(金)19:00開演
【会場】南麻布セントレホール 日比谷線広尾駅より徒歩6分
【出演】
 酒井有彩(ピアノ)伊東真奈(ヴァイオリン)
 大山平一郎(ヴィオラ)加藤文枝(チェロ)
【曲目】
 ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲 作品1-1 変ホ長調
 フォーレ:ピアノ四重奏曲 第1番 ハ短調 Op.15
 
【料金】
・本公演   一般4,000円 学生2,000円 当日精算
・リハーサル 一般1,000円 学生500円 当日精算
※リハーサル・本公演両方ご参加の場合、本公演チケット代から500円引き

【共催】 一般社団法人 Music Dialogue、サポート ミュージック ソサィエティ 
【助成】 公益財団法人 日本室内楽振興財団、芸術文化振興基金助成事業
【認定】 公益社団法人 企業メセナ協議会

【お問い合わせ】 info@music-dialogue.org 03-5791-3070
【お申込み】https://pro.form-mailer.jp/lp/1219b4be134620

室内楽というとおとなしいイメージかもしれませんが、実際に参加してみるとライブ感や迫力溢れる演奏に圧倒されると思いますよ!
今までの演奏会とは全く違った参加型の体験、ぜひ足をおはこびください!

●一般社団法人 Music Dialogue
http://www.music-dialogue.org/

平成31年1月から、e-Taxがさらに使いやすくなる予定です!

【ポイント】
平成31年1月から、e-Taxがより簡便に使えるようになる予定です。
現在、マイナンバーカードに標準的に搭載される電子証明書やマイナポータルの認証連携機能の活用などにより、個人納税者の方がe-Tax利用を簡便化するためのシステム修正が行なわれています。



個人の確定申告が終わり、税金が還付される方への還付も順次行なわれていることかと思います。
ところで、皆さんは確定申告の提出を紙ベースで行ないましたか?それともe-Taxを使いましたか?
180410e-Tax
国税庁では、現在、マイナンバーカードに標準的に搭載される電子証明書やマイナポータルの認証連携機能の活用などにより、個人納税者の方のe-Tax利用を簡便化するためのシステム修正を行なっています。
平成31年1月から、以下の機能が使えるようになる予定です。

<マイナンバーカードによるe-Tax利用(マイナンバーカード方式)>
これまでは、e-Taxを利用するためには、事前に税務署長へ届出をし、e-Tax用のID・パスワードの通知を受け、これらを管理・入力する必要がありました。
しかし、システム修正後は、マイナンバーカードを使って、マイナポータル経由又はe-Taxホームページなどからe-Taxへログインし、簡易な設定をすればe-Taxの利用を開始し、申告等データの作成・送信ができるようになります。
開始届出書の提出(送信)や、ID・パスワードが不要になるため、便利になりますね!


マイナンバーカード及びICカードリーダライタが未取得の方について、税務署での職員との対面などによる「厳格な本人確認」に基づき、税務署長が通知したe-Tax用のID・パスワードによる電子申告ができるようになります。(ただし、メッセージボックスの閲覧には、原則として電子証明書が必要となります)

なお、この方式は、マイナンバーカード及びICカードリーダライタが普及するまでの暫定的な対応であり、導入後、概ね3年を目途に見直される予定ですのでご注意ください。

また、さらに後の話になりますが、e-Taxを利用する場合に、マイナポータルを経由して入手した医療費情報を活用できるようにするなど、納税者の手続きが簡便化されるように進化していく?!かもしれません。

これまで紙ベースで申告していた方も、e-Taxに挑戦してみてはいかがでしょうか?!


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから

オススメ書籍「十四歳のバベル」(暖あやこ著/新潮社)

いずみ会計とご縁のある方からのご紹介で読んでみた本がとても面白かったので、ご紹介したいと思います!

『十四歳のバベル』(暖あやこ著/新潮社)です。
180406十四歳のバベル

暖あやこさんは、これまで『恐竜ギフト』『遠く海より来たりし者』を発表しており、本作は作品第三弾となります。
この作品を一言で言うと…推理小説、社会派小説、サイエンスフィクション、古代史文学、等々と小説の分野のどれをとっても本書の面白さを言い尽くせない、言い換えれば、分類分けができない、小説の新しい世界観をもたらしてくれる一冊です。(と、一言にならない!)

『十四歳のバベル』は、設定そのものが謎です。読者は読み進みながら、鍵となる言葉を探し、それを頭の中でつないで本書に描かれている世界を創りあげていきます。出来上がりが解らないジグソーパズルのパーツを求めて、読み進めていく感覚が新鮮です。

本書に限ってのお薦めの読み方は、プロローグを飛ばして、本編から読み始めること。そして読み終わってから、プロローグに戻って読むと、全てがストンと腑に落ちると思います。加えて表紙カバーの絵を見直すと、更に納得がいきます。
これは、ご紹介いただいた方から伺ったオススメの読み方ですが、確かにオススメですよ!

「自分が悟ってほしいことを、相手はそうそう悟らないものだ。だから互いに伝え合う必要がある」という、登場人物の一人が話す言葉に代表されるように、「友愛の理念」が描かれています。
作者は鳩山一郎先生の曾孫にあたり、叔父さんは鳩山由紀夫元総理です。本編を貫いている、作者自身が持つ人間への愛情がこの作品を生み出し、一人一人の読者に「伝えて」いるのでしょう。
新しい小説の面白さを体験できる、お薦めの一冊です。

■「十四歳のバベル」
のご購入はこちらから▼
http://www.shinchosha.co.jp/book/350852/