いずみ会計事務所の「ためになるブログ」Season2

東京都千代田区二番町(麹町)で開業している「いずみ会計事務所」のブログです。税務・経理や会計の最新動向から、顧問先企業のご紹介まで、女性税理士ならではの視線で綴ります。

デジカメ

スマホで撮影した写真も国際コンクールに!「2017年友愛国際写真コンクール」作品募集中

いずみ会計とご縁のある一般社団法人日本友愛協会(以下、日本友愛協会)さんが主催する「2017年友愛国際写真コンクール」では、現在、出品作品を募集しています!
今年のテーマは「友愛、平和、緑(環境保護)、人と自然」

年齢13歳以上の方なら、国籍を問わずどなたでも応募できます。
そして何より、デジカメだけでなく、携帯やスマホで撮影した写真も応募OKというのがうれしい特徴です。
スマホで何気なく撮った1枚が、国際コンクールで優勝する傑作の1枚かもしれませんよ!

詳しい情報や応募は、コンクールサイトをご参照ください。(写真の送付もサイトからできます)

■2017年友愛国際写真コンクール
170630写真コンクール
テーマ:
友愛、平和、緑(環境保護)、人と自然

応募資格:
国籍を問わず、年齢13歳以上の方ならどなたでも応募できます。

コンテスト期間:
作品募集:2017年6月20日〜9月20日
作品審査:2017年10月〜11月上旬
授賞式: 2017年11月末(予定)北京にて
(上位入賞者は北京で開催される授賞式に参加できます)

賞品:
優秀作品を「友愛賞」、「専門賞」、「ネットユーザー人気賞」、「携帯写真賞」などで表彰し、賞状と賞金が授与されます。 最高賞金は10万円です。

主催:
日本友愛協会・中国国際青年交流センター

作品の応募・詳しい情報:
作品のご応募は、応募フォームから行えます。
詳しい情報・応募は、コンクールサイトから▼
https://yuaikyoukai.com/photo/

●「友愛社会の実現」を目的に60年に亘る活動を続けています!
一般社団法人日本友愛協会のHPはこちら▼
https://yuaikyoukai.com/

契約書、領収書等にかかるスキャナー保存制度が使いやすく?!(1)

【ポイント】
契約書、領収書等にかかるスキャナー保存制度について、読み取り装置(スキャナー等)にかかる要件の緩和(スキャナーだけでなく、デジカメ等の画像保存もOK)などをポイントとする改正が行われます。



国税関係書類(契約書、領収書等)に係るスキャナー保存制度について、注目すべき改正が行われます。

ポイントは
(1)読み取り装置に係る要件の緩和
(2)受領者等が読み取りを行う場合の手続きの整備
(3)相互けん制要件に係る小規模事業者の特例


の3点で、平成28年9月30日以後に行う承認申請から適用されます。
今回は、(1)について少し詳しく説明いたします。

(1)読み取り装置に係る要件の緩和
国税関係書類の読み取りを行う装置について、「原稿台と一体となったもの」に限定する要件が廃止され、デジタルカメラ、スマートフォン等の機器による読み取りが可能となります。
平たく言うと、いわゆるスキャナーだけでなく、デジカメ等の画像で保存してもOKということです。

法令上、利用機器が私物でも問題はないとされていますが、申請の際に当該機器の機器名等を承認申請書に記載する必要があります。

この要件の変更だけでも、使い勝手がよくなっている気がしますね!