いずみ会計事務所の「ためになるブログ」Season2

東京都千代田区二番町(麹町)で開業している「いずみ会計事務所」のブログです。税務・経理や会計の最新動向から、顧問先企業のご紹介まで、女性税理士ならではの視線で綴ります。

メイクアウィッシュオブジャパン

難病と闘う子どもたちの夢をかなえる「メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン」、設立25周年で公益認定へ!

いずみ会計とご縁のある「メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン」さんは、1992年12月にメイク・ア・ウィッシュ・インターナショナルの正式な支部として設立され、今年、25周年を迎えました。
さらに、2009年1月5日から、一般財団法人メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンとして活動していたメイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンさんですが、このたび公益認定を受け、「公益財団法人メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン」として新たな一歩を踏み出されました!

「メイク・ア・ウィッシュ」とは英語で「ねがいごとをする」という意味の、独立した非営利のボランティア団体です。
3歳から18歳未満の難病と闘っている子どもたちの夢をかなえ、生きるちからや病気と闘う勇気を持ってもらいたいと願って設立されました。
現在放送されているACジャパンのCMでご存知の方も多いのではないでしょうか?

メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンは1993年に「遊園地に行きたい」という夢をかなえたことを第1歩として、その後「野生のイルカと泳ぎたい」「ウルトラマングレートと一緒に戦いたい」「世界一大きいヘラクレスオオカブトムシに触りたい」「サンタクロースと遊びたい」等など、多くのすばらしい夢をかなえるお手伝いをしてきました。

私は、20年ほど前に、「X-JAPANのhideに会いたい」という少女が、ライブに赴き、楽屋で憧れのhideさんに手作りのマフラーを渡したエピソードを、よく覚えています。
あの少女の支援をしていたのがメイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンさんだったのか!と、最近になって気づきました。
とても印象的なエピソードだったので、その支援をしている団体に携わっていることに、不思議なご縁を感じています。

今後のメイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンさんの活動にも、ぜひご注目ください!


●公益財団法人メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン
http://www.mawj.org/

ACジャパンの新CMがはじまりました!-メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン

いずみ会計とご縁のある一般財団法人メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン(以下、メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン)さんの新CMの放送が始まりました!
170804メイクアウィッシュオブジャパン
このCMは「『メイク・ア・ウィッシュの活動を、一人でも多くの方々に知っていただき、一人でも多くの難病と闘う子どもたちの夢をかなえたい』という私たちの想いを受け、公益社団法人ACジャパンの、公共福祉活動を行う非営利団体の広告活動を支援する『支援キャンペーン』の一環として実現したものです。」(メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン)
といいます。

メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンは、3歳から18歳未満の難病と闘っている子どもたちの夢をかなえ、生きるちからや病気と闘う勇気を持ってもらいたいと願って設立された、独立した非営利のボランティア団体です。

今回のCMでは、メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンで実際に夢を叶え、自身の新たな夢までも叶えた林 祐樹さんに焦点をあて、夢を持つことが希望につながるという事実をポジティブに伝えています。
14歳で骨肉腫という病気にかかり、夢などが持てない闘病の日々を送っていた林さんが、メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンの希望と勇気を与える「夢を叶えるプロジェクト」によって、17歳で「本場アメリカの野球観戦」という夢をかなえたこと、夢がかなったことで、次の目標がでたこと、そして現在は、その目標も達成し、日々活躍されている様子が描かれています。

「ひとつの夢の実現が、ぼくの人生を変えました。」
というこのCM、すでにテレビやラジオ、ポスターなどでごらんになった方も多いかと思います。
まだ…という方はこの機会に、ぜひご注目ください!

■新CMはこちらからご視聴いただけます▼
http://www.ad-c.or.jp/campaign/support/support_04.html

そして、CMメイキングインタビューはこちら
http://www.mawj.org/wishes/wishes/wish49.html


●難病の子どもたちの夢をかなえる
メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンのHP
はこちら▼
http://www.mawj.org/