いずみ会計事務所の「ためになるブログ」Season2

東京都千代田区二番町(麹町)で開業している「いずみ会計事務所」のブログです。税務・経理や会計の最新動向から、顧問先企業のご紹介まで、女性税理士ならではの視線で綴ります。

千代田区

「明治維新150年 江戸城外堀の石垣とお台場見学クルーズ」、申込開始!

2018年の今年は明治維新150年にあたります。
千代田区観光協会では、「明治維新150年 江戸城外堀の石垣とお台場見学クルーズ」の参加者を募集しています。
180810石垣クルーズ
(画像は千代田区観光協会のHPより拝借しました)

このクルーズは、お台場や江戸城外堀の石垣、国指定史跡「常盤橋門跡・常盤橋」の解体修理現場などを、解説を聞きながら船上から見学します。日比谷図書文化館学芸員の解説と、江戸城外堀とお台場の資料もついてきます。

開催日は2018年9月22日(土) 10:00~12:30
千代田区役所裏の千代田区役所防災船着場に集合し、隅田川から豊洲運河、第3台場、第6台場へ。築地大橋、日本橋川から日本橋、国指定史跡「常盤橋門跡・常磐橋」も見学した後、江戸城外堀の石垣も見学します。

費用は3,000円、中・高校生1,500円 (乗船料・保険料を含む)。
定員40名で申し込み順となります。

江戸を感じる史跡を船の上から見学する貴重な機会ですね!
お申込方法など、詳しくはホームページをご参照ください。

●「明治維新150年 江戸城外堀の石垣とお台場見学クルーズ」
http://www.kanko-chiyoda.jp/tabid/4086/Default.aspx


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから

猫好きさんは注目?!「ちよだ猫まつり」

いずみ会計のある千代田区は、全国に先駆けて「猫の殺処分ゼロ」を実現している自治体です。
行政とボランティアが協働で「飼い主のいない猫」の問題に取り組み、地域の絆をつなぎ、共生社会をつくることに注力しています。

そんな千代田区役所で、2月17日、18日の2日間「ちよだ猫まつり」が開催されます!
イベントでは、可愛い猫雑貨や限定スイーツの販売のほか、荒汐部屋 写真展「モルとムギ~相撲部屋の猫親方」、佐藤法雪さん「リアル猫ヘッドアートプロジェクト」などの楽しい催しも開催。
ジュディ・オングさんと千代田区長の対談や落語、子供向けのワークショップなども予定されており、区役所で行なうイベントとは思えないほど(?!)充実しています。
180216ちよだ猫まつり
イベントはチャリティで、収益は飼い主のいない猫の医療費などに活用されます。

猫好きな方には見逃せないイベントになりそうですね?!
ぜひ足をお運びください。

■「ちょだ猫祭り」のホームページはこちら▼
http://chiyoda-nekofes.jp

オフィス街に豪華な馬車が登場?!-信任状捧呈式-

東京駅に豪華な馬車が登場します!
12月11日(月)信任状捧呈式のための馬車列が運行されます。

信任状捧呈式とは、新任の外国の特命全権大使が信任状を天皇陛下に捧呈する儀式です。
このときに、大使一行の皇居への送迎は、大使の希望により皇室用の自動車か馬車が提供されているそうです。
新任大使の送迎に馬車を使用している国は、世界的に見ても英国やスペインなど数か国しかない、といいます。
日本の場合は、自動車より馬車を希望する大使が多いそうですよ。

信任状捧呈式の馬車列で使われる儀装馬車4号は、大正2年に製造されたもので、海老茶色の漆塗りの車体に金高蒔絵の御紋章がついている美しい馬車で、美術的価値も高いといいます。
昭和60年の文仁親王成年式にも使用されるなど、皇室の重要な儀式で使われている馬車でもあります。
171208信任状捧呈式
(信任状捧呈式の馬車。画像は宮内庁HPより拝借しました)

参考として宮内庁が発表したルートは、東京駅から行幸通りを経て、和田倉門交差点から皇居外苑を抜けて皇居正門(その後、宮殿南車寄せに到着)です。
皇居前広場午前10時05分頃(1回目)と午前10時30頃(2回目)に通過する予定だといいます。
東京駅近辺でのお仕事の方、運がよければこの豪華な馬車を見かけるかもしれませんね!


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから

東京のど真ん中に意外な?!紅葉スポット-行幸通り

いずみ会計のある千代田区は、まさに東京のど真ん中、オフィス街です。
でも、意外な?!紅葉スポットがあること、ご存知でしたでしょうか?

今日ご紹介したいのは、東京駅丸の内中央口から皇居前内堀通りまでを結ぶ「行幸通り」です。東京駅の丸の内口を使ったことのある方なら、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

「行幸通り」は「ぎょうこうどおり」とも「みゆきどおり」ともいわれていますが、正式名称は「東京都道404号皇居前東京停車場線」というそうです。
この道路の内側の車線は、普段は通行止めになっているので、いつも車がいない、不思議な感じの道路、と思われる方も多いかもしれませんね。
(この内側の車道は、皇室行事と外国大使の信任状捧呈式の馬車列が、東京駅から皇居に向かうときだけ使われているそうです。)

さて、この行幸通り、実はイチョウ並木の絶景スポットなんですよ!
行幸通りの銀杏並木は、東京駅・丸ビル・新丸ビルを背景に観るもよし、高層ビルのない皇居富士見櫓などを背景に観るもよし!
千代田を、というより東京・日本を代表する都市のなかの紅葉スポットでしょう。

わざわざ紅葉を見に行く時間がない…
という方でも、この場所なら通勤や仕事先への移動の途中に通りかかることもあるかと思います?!

東京では、いちょうが少しずつ紅葉を始めたばかり。
東京のど真ん中の紅葉スポットで、通勤途中やお仕事の合間にしばし、和んでみてはいかがでしょうか?


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから

日本の政治の中心・国会議事堂が見学できる?!

今日は、いずみ会計のある千代田区の意外な?!見学可能スポットをご紹介いたします。

先日、衆議院議員選挙(総選挙)が行われました。
台風が通過する悪天候の中、投票率は前回総選挙をわずかに上回ったようですね。皆さんは投票には行かれましたか?

さて、そんな総選挙を経て、晴れて議員として当選された方が働く場が、千代田区にある「国会議事堂」です。
初登院の日は、晴れやかな様子がテレビ等で報道されますが、国会議員にならなくても、国会議事堂の中を見学することができること、ご存知でしたか?

国会参観(衆議院)では、日本の政治の中心である国会議事堂を見学することができます。
昭和11年に建てられた建物は、当時の技術を駆使して作られた装飾に彩られ、重厚な雰囲気があります。

平日は8時~17時(受付16時まで)、土日、祝日は9時30分、10時30分、11時30分、13時、14時、15時の6回、見学可能です。
本会議開会1時間前から本会議中は参観できず、その他にも特別な行事のある時は参観ができなかったり、見学コースが変更になることもあるようです。

詳しい情報や、10名以上の団体での見学希望の方は、衆議院のホームページをご参照ください。
国会議事堂の中や外の様子は、ニュースなどで断片的に見ることができますが、実際に足を運んで見ると、新しい発見があるかもしれませんね?!

●国会参観(衆議院)
詳しい情報はこちら▼
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_annai.nsf/html/statics/tetuzuki/sankan.htm