いずみ会計事務所の「ためになるブログ」Season2

東京都千代田区二番町(麹町)で開業している「いずみ会計事務所」のブログです。税務・経理や会計の最新動向から、顧問先企業のご紹介まで、女性税理士ならではの視線で綴ります。

千代田区

「二番町」の名前の由来

いずみ会計は千代田区二番町にあります。
よく考えてみると、二番町って不思議な町名ですよね?なぜ二番?みたいな(^^;;
二番町について、千代田区のホームページで調べてみました。

時はさかのぼって、徳川家康の時代
江戸城に入った徳川家康は、城の守りを固めるために、城の西側に隣接するこの一帯に「大番組(おおばんぐみ)」と呼ばれる警備役の旗本たちを住まわせた、といいます。
ここから、「番町(ばんちょう)」という地名が生まれたのだそうです。
きっと、二番町は二番組の旗本たちが住んでいた場所なのかもしれませんね。

江戸時代は武家屋敷が立ち並んでいた二番町周辺ですが、明治時代になると伯爵や子爵、官吏の邸宅が並ぶ高級住宅地となりました。
今はオフィスやオシャレなお店もたくさんありますが、素敵な邸宅や上品なマンションなどもいまだ健在で、かつての高級住宅地の面影がしのばれます。
ベルギー大使館の土地は、以前は明治・大正期の外交官であり、のちに首相となって政党政治を確立させた加藤高明の邸宅だったそうですよ。
180914ベルギー大使館
(現在のベルギー大使館。画像はベルギー大使館HPより拝借しました)

「花物語」「徳川の夫人たち」などの大衆小説で有名な吉屋信子(よしやのぶこ)や、プロレタリア文学の武田麟太郎(たけだりんたろう)も、この町に住んでいたといいますので、明治以降の政治・文化の中心を担ってきた人々を魅了した土地だったのかもしれませんね。

そんな場所にあるいずみ会計事務所。
これまでの歴史の重みを感じながら、これからの歴史を作るべく?!日々業務に励んでおります!


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから

防災知識を千代田区で学ぶ!―気象科学館(千代田区大手町)

いずみ会計のある千代田区には、博物館などもたくさんあります。
その中から、今日は気象科学館をご紹介いたします!
180831気象科学館
(画像は気象科学館HPより拝借しました)

竹橋駅の程近く、気象庁の1階にある気象科学館では、気象や地震の観測機器をはじめ、天気予報のしくみ、緊急地震速報、津波、火山、地球温暖化問題、自然災害に対する防災知識などに関するパネルや装置が展示されています

気象庁の中というロケーションからか、知る人ぞ知るミュージアム、といった雰囲気ですが、展示の内容はとても充実しています。
地震時の対応方法をクイズ形式で学んだり、津波の原理が模型になっていたり、災害を疑似体験するシミュレーターがあったり…。
最近は豪雨や地震などの大きな天災が続いていることもあり、こういう場で自然災害を学ぶことはとても重要です。
子どもの学習はもちろんですが、大人が見ても楽しめるし、ためになります。

年末年始を除いて土日祝日も開館しており、しかも土日祝日には気象予報士の方が説明員としてスタンバイしているので、さらに詳しい解説を聴くことができますよ!
入場無料なところもうれしいですね。

防災の学びに役立てるもよし、お堀沿いの散策の途中に立ち寄ってもよし、のオススメスポットです。


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから

神田のカレーを食べつくす?!―神田カレー街食べ歩きスタンプラリー2018

いずみ会計のある千代田区で「カレーの聖地」とも言われる、神田
神田のカレー街は、日本最大級のカレー店舗数を誇り、欧風、インド、タイ、和風など、様々なカレーを楽しめるお店が軒を連ねているのが特徴です。

そんな神田で、今年も「神田カレー街食べ歩きスタンプラリー」が開催されます!
180924カレースタンプラリー
(画像は「神田カレーグランプリ」HPより拝借しました)

今年のスタンプラリーは、参加店89店舗。17-18店舗からなる5つのコース(AからE)に分かれており、制覇したコースの数に応じたランクのマイスター賞がもらえます。
マイスター賞には、認定証が授与されるほか、抽選で商品券や食事券が当たるチャンスもあるようですよ!
冊子にスタンプを集めるほか、スマホでのデジタルスタンプでも参加できるようですので、たまたま立ち寄った神田でスタンプラリーを…ってこともできますね。

会期は2018年8月23日(木)から11月30日(金)まで。
今年の秋は、カレーマイスターを目指してみませんか?!

●神田カレー街食べ歩きスタンプラリー2018
参加方法など、詳しい情報はこちら▼
http://kanda-curry.com/?page_id=8499


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから

「明治維新150年 江戸城外堀の石垣とお台場見学クルーズ」、申込開始!

2018年の今年は明治維新150年にあたります。
千代田区観光協会では、「明治維新150年 江戸城外堀の石垣とお台場見学クルーズ」の参加者を募集しています。
180810石垣クルーズ
(画像は千代田区観光協会のHPより拝借しました)

このクルーズは、お台場や江戸城外堀の石垣、国指定史跡「常盤橋門跡・常盤橋」の解体修理現場などを、解説を聞きながら船上から見学します。日比谷図書文化館学芸員の解説と、江戸城外堀とお台場の資料もついてきます。

開催日は2018年9月22日(土) 10:00~12:30
千代田区役所裏の千代田区役所防災船着場に集合し、隅田川から豊洲運河、第3台場、第6台場へ。築地大橋、日本橋川から日本橋、国指定史跡「常盤橋門跡・常磐橋」も見学した後、江戸城外堀の石垣も見学します。

費用は3,000円、中・高校生1,500円 (乗船料・保険料を含む)。
定員40名で申し込み順となります。

江戸を感じる史跡を船の上から見学する貴重な機会ですね!
お申込方法など、詳しくはホームページをご参照ください。

●「明治維新150年 江戸城外堀の石垣とお台場見学クルーズ」
http://www.kanko-chiyoda.jp/tabid/4086/Default.aspx


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから

猫好きさんは注目?!「ちよだ猫まつり」

いずみ会計のある千代田区は、全国に先駆けて「猫の殺処分ゼロ」を実現している自治体です。
行政とボランティアが協働で「飼い主のいない猫」の問題に取り組み、地域の絆をつなぎ、共生社会をつくることに注力しています。

そんな千代田区役所で、2月17日、18日の2日間「ちよだ猫まつり」が開催されます!
イベントでは、可愛い猫雑貨や限定スイーツの販売のほか、荒汐部屋 写真展「モルとムギ~相撲部屋の猫親方」、佐藤法雪さん「リアル猫ヘッドアートプロジェクト」などの楽しい催しも開催。
ジュディ・オングさんと千代田区長の対談や落語、子供向けのワークショップなども予定されており、区役所で行なうイベントとは思えないほど(?!)充実しています。
180216ちよだ猫まつり
イベントはチャリティで、収益は飼い主のいない猫の医療費などに活用されます。

猫好きな方には見逃せないイベントになりそうですね?!
ぜひ足をお運びください。

■「ちょだ猫祭り」のホームページはこちら▼
http://chiyoda-nekofes.jp