いずみ会計事務所の「ためになるブログ」Season2

東京都千代田区二番町(麹町)で開業している「いずみ会計事務所」のブログです。税務・経理や会計の最新動向から、顧問先企業のご紹介まで、女性税理士ならではの視線で綴ります。

口座

ダイレクト納付口座、複数の預貯金口座が選択可能に!

【ポイント】
平成30年1月4日から、預貯金口座ごとにあらかじめ「ダイレクト納付利用届出書」を提出することで、ダイレクト納付の際に利用する預貯金口座を選択することができるようになります。



e-Tax(国税電子申告・納税システム)により申告書等を提出した後、納税者自身名義の預貯金口座から、即時又は指定した期日に、口座引落しにより国税を電子納付できる「ダイレクト納付」
銀行に行く手間が省け、手数料もかからないため、すでにお使いの法人もあるのではないでしょうか?

この「ダイレクト納付」について、平成30年1月4日(木)から預貯金口座ごとにあらかじめ「ダイレクト納付利用届出書」を提出することで、ダイレクト納付の際に利用する預貯金口座を選択することができるようになります。

何が変わるか、というと、たとえば源泉所得税や法人税など、税金の種類別に異なる預貯金口座を使用して、ダイレクト納付できるようになる、ということです。

源泉所得税の支払は通常の預金口座から支払っているけれど、法人税等については納税準備用の別口座から支払いたい・・・といった、実務上の都合にあわせてダイレクト納付ができるようになりますので、使い勝手がよくなりますね!


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから

所得税等の還付金の受取口座、気をつけるべき3つのポイント

【質問】
所得税等の確定申告で還付金があります。
還付金の受取口座を指定する上で、注意する点があれば教えてください。

【回答】
一部のインターネット専用銀行には対応していない、必ず申告者本人の氏名のみの口座を指定するなどのポイントがあります。



所得税等の確定申告の結果、還付金がある場合、還付金を指定する預貯金の口座に振り込んでもらうことができます。(その際には、申告書に還付金の受取口座を書く欄に還付金受取口座の情報を記入します)
還付金の受取口座を指定する場合、以下の点にご注意ください。

(1)一部のインターネット専用銀行には対応していない
預貯金口座への振込みを希望する場合は、原則として、銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農業協同組合、漁業協同組合及びゆうちょ銀行の預貯金口座への振込みが可能です。
しかし、一部のインターネット専用銀行については、還付金の振込みができないので注意が必要です。
インターネット専用銀行で還付金を受け取りたい場合は、ご利用のインターネット専用銀行に受取が可能かどうか、必ず確認してください。

(2)申告者本人の氏名のみの口座を指定する
還付金の振込みに指定できる預貯金口座は、申告者本人の口座に限られます。
・・・というと一見、当たり前のように感じるかもしれませんが、たとえば本人の氏名のほかに店名、事務所名などの名称(屋号)が含まれる場合、振込みできないことがあるので注意が必要です。
必ず、本人の氏名のみの口座を指定してください。

(3)旧姓名義の口座には振り込めない
(2)に関連しますが、旧姓のままの名義の口座には振込みができないので注意が必要です。
なお、納税管理人の指定をしている場合は、その納税管理人の名義の預貯金口座となります。

還付金を間違いなく受け取るために、気をつけたいですね!


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから