いずみ会計事務所の「ためになるブログ」Season2

東京都千代田区二番町(麹町)で開業している「いずみ会計事務所」のブログです。税務・経理や会計の最新動向から、顧問先企業のご紹介まで、女性税理士ならではの視線で綴ります。

改正

個人の消費税確定申告、みなし仕入率変更にご注意ください!

【ポイント】
個人事業主の平成28年分の消費税の確定申告にあたり、簡易課税制度のみなし仕入率が変更になった業種がありますのでご注意ください。



この時期に「確定申告」といえば、個人の所得税等の確定申告を思い浮かべる方が多いかと思います。
しかし、いわゆる「個人の確定申告」は所得税だけではありません。消費税、贈与税など、3月をめどに提出期限がくるものがいくつかあります。

意外に思われるかもしれませんが、個人でも要件を満たした方には消費税の申告・納税義務があります。(個人だから消費税は関係ない、というのは誤解です!)
今日は、個人の消費税の確定申告関連で、平成28年分の申告から適用される簡易課税制度のみなし仕入れ率の改正についてお話しいたします。

簡易課税制度のみなし仕入率は、以下のように改正されています。

●金融業及び保険業が、第四種事業から第五種事業へ(みなし仕入率60%から50%へ)
●不動産業が第五種事業から新たに設けられた第六種事業へ(みなし仕入率50%から40%へ)


この改正は、原則として、個人事業者については、平成28年分から適用されます。(法人の場合は平成27年4月1日以後に開始する課税期間から)

ただし、「消費税簡易課税制度選択届出書」を平成26年9月30日までに提出しており、これにより平成27年分から簡易課税制度を選択した個人事業者については、経過措置により、改正前のみなし仕入率が適用されます。

簡易課税制度を適用している該当業種の個人事業主の方はご注意ください。


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから

契約書、領収書等にかかるスキャナー保存制度が使いやすく?!(2)

【ポイント】
国税関係書類に係るスキャナー保存制度について、平成28年9月30日以後に行う承認申請から、受領者等が読み取りを行う場合の手続きの整備、相互けんせい要件に係る小規模事業者の特例が適用されます。



国税関係書類(契約書、領収書等)に係るスキャナー保存制度について、平成28年9月30日以後に行う承認申請から、次のような改正がされました。

(1)読み取り装置に係る要件の緩和
(2)受領者等が読み取りを行う場合の手続きの整備
(3)相互けんせい要件に係る小規模事業者の特例


今日は(2)と(3)についてお話しいたします。

(2)については、具体的に以下の点が改正のポイントとなります。

(イ)国税関係書類の作成又は受領後、受領者等が署名を行った上で、特に速やか(具体的には3日以内)にタイムスタンプを付す

(ロ)A4以下の大きさの国税関係書類については、大きさに関する情報の保存を要しない

(ハ)相互けんせい要件について、受領者等以外の者が記録事項の確認(必要に応じて原本の提出を求めることを含む)を行うこととすることで足りる

(3)は、小規模企業者は、いわゆる「適正事務処理要件」について、税務代理人が定期的な検査を行うことによって、相互けんせい要件を不要とすることができるようになった、ということです。

(2)の(ハ)と(3)について少し詳しく説明いたします。
平成27年度に行われた改正で、適正な事務処理の実施を担保するための措置として「適正事務処理要件」が新たに追加されました。
この「適正事務処理要件」に国税関係書類の作成または受領からスキャナーでの読み取りまでの各事務について、「相互けんせい」、「定期検査」及び「再発防止」に掲げる事項に関する規程が定められています。

これまで、「相互けんせい要件」及び「定期検査要件」を満たすためには最低でも3名の人員が必要でした。
「事業者」が国税関係書類を受領する場合、領収書をスキャナーで読み取り紙の原本書類と同等であることを確認した後にタイムスタンプを付与するまでの事務を「外部の者」に委託し、定期的な検査については「顧問税理士」に依頼するなどの措置が必要でした。)

東京国税局 電話相談センターによると、今回の改正により、たとえば経理部で領収書を受け取った場合、スキャナー等の担当者紙の原本書類と同等であることを確認する担当者別々にいれば、経理部内でタイムスタンプを付与するまでの事務を行うことができるようになりました。(これが(2)(ハ)の改正です)

また、今回の改正では、小規模企業者の場合、定期検査を顧問税理士等に依頼すれば「相互けんせい要件」を不要とすることができるようになりました。(これが(3)の改正です)

ざっくり言うと、たとえば社長一人の会社(または小規模事業者)などで国税関係書類を受領した場合、定期的な検査のみを「顧問税理士」に依頼すれば、社長がスキャナーで読み取り、紙の原本書類と同等であることを確認してタイムスタンプを付与してもかまわない、ということです。


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから

方針大転換?!会社員の源泉徴収票にマイナンバーの記載不要に!

【ポイント】
平成27年10月2日に行われた改正により、マイナンバー制度が開始後の平成28年1月以降も、給与などの支払を受ける方に交付する源泉徴収票など一定の書類への個人番号の記載は行わないこととされました。



平成27年10月2日に行われた所得税法施行規則等の改正により、マイナンバー制度が始まった後の平成28年1月以降も、「給与などの支払を受ける方に交付する源泉徴収票などへの個人番号の記載は行わないこと」(=ざっくり言うと、会社員の源泉徴収票等にマイナンバーの記載は行わないこと)とされました。

ちなみに、この改正前は、支払を受ける方に対して交付する源泉徴収票などについて、本人等の個人番号を記載して交付しなければならないこととされていました。制度開始直前ですが、180度方針が転換されたことになります。
これによって、従業員に対しては、交付する源泉徴収票に個人番号が記載されないため、番号法施行後においても、従来と取扱いは変わらないことを説明する必要が出てきましたのでご注意下さい。

それにしても、なぜ従業員に交付する源泉徴収票に個人番号を記載しないことになったのでしょうか。

国税庁では、「本人交付が義務付けられている源泉徴収票などに個人番号を記載することにより、その交付の際に個人情報の漏えい又は滅失等の防止のための措置を講ずる必要が生じ、従来よりもコストを要することになることや、郵便事故等による情報流出のリスクが高まるといった声に配慮した」と回答しています。

ちなみに、個人番号が記載不要となる税務関係書類は、以下のものです。
<個人番号の記載が不要となる税務関係書類>
※給与などの支払を受ける方に交付するものに限ります。
・給与所得の源泉徴収票
・退職所得の源泉徴収票
・公的年金等の源泉徴収票
・配当等とみなす金額に関する支払通知書
・オープン型証券投資信託収益の分配の支払通知書
・上場株式配当等の支払に関する通知書
・特定口座年間取引報告書
・未成年者口座(いわゆるジュニアNISA)年間取引報告書
=平成28年1月施行予定
・特定割引債の償還金の支払通知書=平成28年1月施行予定

なお、税務署に提出する源泉徴収票などには、引き続き個人番号の記載が必要ですので、こちらもご注意下さい。


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから

債権の時効が変わります!

【ポイント】
これまで、原則10年としながらも種類ごとに個別の時効期間が定められていた債権の消滅時効が改正され、「全債権につき、原則として権利を行使できると知ったときから5年、又は権利を行使できるときから10年」に統一されることになりました。



債権の時効期間が改正されます。

「消滅時効は原則10年、ただし種類ごとに個別の時効期間が決められている」
というのがこれまでの債権の時効でした。

今回の改正では、全債権につき、「原則として権利を行使できると知ったときから5年、又は権利を行使できるときから10年」に統一されることになりました。

実は現在、「種類ごとの個別の時効期間」として、次のようにかなり細かく時効期間が決められているのです。

・6か月…小切手債権
・1年…飲食店の債権 他
・2年…弁護士の債権、給料債権 商品の売掛金 他
・3年…医師の債権 他
・5年…家賃 他
・10年…税理士・司法書士の債権、確定判決等(原則どおり)

現在の時効期間の定めによると、例えば職業別の時効期間に規定がある弁護士報酬が2年で、規定がない税理士報酬等が原則通り10年になるのです。
では、なぜ弁護士と税理士で時効期間が異なるのか、についての合理的な説明は…
ちょっと思い当たりません(^-^;;

種類ごとに時効期間が異なるのが不平等ではないか、という意見が多かったというのも頷けますね。


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから

通勤手当の非課税限度額、引き上げ

【ポイント】
通勤手当の非課税限度額が引き上げられました。
この改正は、平成26年4月1日以後に支払われるべき通勤手当について適用されます。



通勤のため自動車などの交通用具を使用している給与所得者に支給する通勤手当の非課税限度額が引き上げられました。

この改正は、平成26年10月20日に施行され、平成26年4月1日以後に支払われるべき通勤手当(同日前に支払われるべき通勤手当の差額として追加支給するものを除きます。)について適用されます。

改正後の1カ月辺りの非課税限度額は次の通りです。

141125通勤手当
出典:通勤手当の非課税限度額の引上げ(平成26年10月)/税務署
http://www.nta.go.jp/gensen/tsukin/pdf/01.pdf


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから