いずみ会計事務所の「ためになるブログ」Season2

東京都千代田区二番町(麹町)で開業している「いずみ会計事務所」のブログです。税務・経理や会計の最新動向から、顧問先企業のご紹介まで、女性税理士ならではの視線で綴ります。

本屋大賞

「2017年本屋大賞」は「蜂蜜と遠雷」(恩田陸/幻冬舎)

「全国書店員が選んだ いちばん!売りたい本 2017年本屋大賞」が、4月11日に明治記念館で発表されました。

「本屋大賞」は、新刊書の書店(オンライン書店も含みます)で働く書店員の投票で決定するものです。
過去一年の間、書店員自身が自分で読んで「面白かった」、「お客様にも薦めたい」、「自分の店で売りたい」と思った本を選び投票します。

2017年本屋大賞には「蜜蜂と遠雷」恩田陸(幻冬舎)が決まりました!
恩田さんは代表作「夜のピクニック」(新潮文庫)で2005年にも本屋大賞を獲得していて、今回は2回目の本屋大賞受賞となります。
本屋大賞を2回受賞した方は史上初の快挙です!
(しかも今回は、直木賞とのダブル受賞です)
170414本屋大賞
(写真は「本屋大賞」HPより拝借しました)

受賞作「蜜蜂と遠雷」は、国際ピアノコンクールに挑む4人の若きピアニストたちを多視点で描いた群像劇。
恩田さんが7年もの間、連載していた作品で、読みながら、音楽が頭の中に流れてくるような気持ちになるすばらしい作品です。

本屋大賞の発表会場、明治記念館では、各地域の書店賞作品も展示されていました。
近年、さまざまな地域で書店員を中心に本に関する賞(いわばご当地版本屋大賞のような試み)が創設されているようです。
ご当地だけでなく、酒飲み書店員大賞など、同じ志?!を持つ書店員の方が選んだ賞もあるようで、見ているだけで楽しくなります。

本が売れない時代といわれ、出版市場は書籍、雑誌とも年々縮小傾向にある中で、出版業界を盛り上げていこうという試みは、さまざまな広がりを見せているのだなと思いました!

●本屋大賞のHPはこちら
(NPO法人本屋大賞実行委員会)▼
http://www.hontai.or.jp/

「2015年本屋大賞」は「鹿の王」(上橋菜穂子著)に決定!

いずみ会計とご縁のあるNPO法人本屋大賞さん。
4月7日「全国書店員が選んだ いちばん!売りたい本 2015年本屋大賞」が発表となりました。

全国の書店員さんたちの投票により決定する「本屋大賞」の受賞作品は、映画化など、他のメディアで大きく取り上げられることも多く、注目が集まっています。
毎年、本屋大賞の前後になると、書店では大きなポップとともに受賞作やエントリー作品が大々的に売り出されるので、本屋さんの棚を見ると「今年も本屋大賞の季節だな」と思われる方も多いのではないでしょうか?!

気になる2015年本屋大賞は、「鹿の王」(上橋菜穂子/KADOKAWA 角川書店)となりました!

150410本屋大賞(2015)

受賞作「鹿の王」は、異世界を舞台に繰り広げられる壮大なストーリー。
主人公のヴァンは、強大な帝国・東乎瑠(ツオル)に抗戦した戦士団の生き残りで、岩塩鉱で奴隷となっている中年男性。
岩塩鉱で謎の病(やまい)が発生し、ヴァンは混乱に乗じて、生き残った女児・ユナを連れて脱出。
一方、帝国の医術師ホッサルは、病の解明に乗り出す・・・

という作品で、作者の上橋菜穂子さん曰く「私の作品は、書店員さんにしたら、『ジャンル泣かせ』でしょう。ファンタジーの棚、一般書、児童書、どこに並べるか迷う、それこそ書店員さん泣かせの本だと思います(笑)」とのこと。

確かに、異世界の話だからファンタジーっぽくもあり、読んでみると医療ミステリーのような雰囲気もあり・・・(ご本人はパンデミックを書きたかったわけではなく、病が見せてくれるであろう、もっと別の姿、つまり「人が命とどう向き合ってきたのか」が本当に書きたかったとおっしゃっています)

でも、これまでのジャンルではくくれないところも、この本の魅力!
書店員さん泣かせの本、といいつつも、多くの人に手にとって欲しい!と思える本であるからこそ、書店員の皆さんが「いちばん売りたい本」として選んだように思います。

ぜひ一度、お手にとってご覧下さい!


■NPO法人 本屋大賞のホームページはこちら▼
http://www.hontai.or.jp/


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから

2014年本屋大賞「村上海賊の娘」に決定!-NPO法人本屋大賞実行委員会

書店員自身が自分で読んで「面白かった」、「お客様にも薦めたい」、「自分の店で売りたい」と思った本を選び投票する-
今やすっかりおなじみとなった「本屋大賞」。
いずみ会計とご縁のあるNPO法人本屋大賞実行委員会さんが実施に向けて様々な活動を行っています。

4月8日、明治記念館で「全国書店員が選んだ いちばん!売りたい本 2014年本屋大賞」の発表会が開催されました。
その結果、2014年本屋大賞に、『村上海賊の娘』(和田竜・著、新潮社)が決まりました!

著者の和田竜さんは、「のぼうの城」や「忍びの国」などの小説が有名ですね。

「和睦が崩れ、信長に攻められる大坂本願寺。毛利は海路からの支援を乞われるが、成否は『海賊王』と呼ばれた村上武吉の帰趨にかかっていた。折しも、娘の景(きょう)は上乗りで難波へむかう。家の存続を占って寝返りも辞さない緊張の続くなか、度肝を抜く戦いの幕が切って落とされる! 第一次木津川合戦の史実に基づく一大巨篇。」(新潮社HPより)
という受賞作品。
「のぼうの城」でも思ったのですが、教科書には載っていないけれどワクワクするような戦いってあるんですね。

この作品に投票した書店員さんも、「面白かった!」というシンプルかつ力強い感想を述べています。

「面白かった!素直にそう思えた作品でした。個性が強い登場人物、テンポのよいストーリー進行は映画やドラマを観ているような感覚にさせられました。特に下巻の戦場面は圧巻の一言。何度も形勢が変わり、いつ決着が着くのかわからないハラハラ感はたまりません。」
「読み終わったあと、思わず『面白かった~』と言葉が出た。戦国時代の合戦の様子を臨場感たっぷりに描ききった凄い作品。登場人物があまりにも魅力的!村上海賊の娘・景姫のかっこ良さは、過去に登場した男姫ものの中では最高!
当時の命のやりとりにも驚いたが、納得の戦いができれば本望!という胸のすくセリフに感動した。侍と同じように海賊としての矜持を持って戦い抜いた、景姫たちにノックアウトされました。」

文句なしのワクワク感を味わえます、ぜひご一読下さい!


■本屋大賞HPはこちら→http://www.hontai.or.jp/

「2013年本屋大賞」が発表されました!

「全国書店員が選んだ いちばん!売りたい本 2013年本屋大賞」が発表されました!

今年の本屋大賞に選ばれたのは、百田尚樹(ひゃくた・なおき)氏の「海賊とよばれた男」。
出光興産の創業者・出光佐三をモデルにしたノンフィクションノベルです。

第二次世界大戦敗戦後の焦土と化した日本で、石油会社大手から排斥され売る油もない「国岡商店」が、一人の社員も解雇せず、たくましく再生する様子を描いた(上巻)、昭和28年、国岡のタンカー日章丸で国際的に孤立したイランに向かった人々の人生を描いた(下巻)―の2巻。

事実をもとにした小説、ということですが、どれほど不利な体制があっても決して屈することなく、何より国のことを考えて行動した国岡鐵造(この小説の主人公)の姿には、震えるような感動を覚えます。
ノンフィクションノベルということで、実際に国岡さんのような人がかつて日本にいた、ということは誇らしいことだと思います。
胸がすくような、じーんとするような力強い小説で、一人でも多くの方に読んでいただきたい作品です!
本屋大賞に選ばれたのも納得(^-^)。

作者の百田尚樹さんは、過去2年も本屋大賞にノミネートされていましたが、今年ついに大賞を受賞されたということです。
おめでとうございます!

本屋大賞2013
(「2013年本屋大賞」発表会。画像はいずみ会計とご縁のある「NPO法人本屋大賞」さんより拝借しました。)

そういえば、昨年の本屋大賞受賞作品「舟を編む」が映画化され、週末から公開されるようですね。
「海賊と呼ばれた男」も映画化されるのでしょうか、今からちょっと楽しみです(^-^)。


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから

(つぶやき)読書

本屋大賞の授賞から1ヶ月。
大賞になった「舟を編む」を購入しました。

久し振りに仕事以外の読書をしています。

こういう読書時間も、いいものですね!