いずみ会計事務所の「ためになるブログ」Season2

東京都千代田区二番町(麹町)で開業している「いずみ会計事務所」のブログです。税務・経理や会計の最新動向から、顧問先企業のご紹介まで、女性税理士ならではの視線で綴ります。

税務

災害時の申告・納税等の特別な取り扱い

【ポイント】
国税庁では、災害により被害を受けた場合の申告・納税等に係る特別な手続き等の取り扱いについて公表しています。

180717災害
西日本豪雨に被災した皆様に、お見舞い申し上げます。
ここ数日続く、酷暑ともいえる厳しい暑さにも、どうぞご自愛ください。

さて、国税庁では、「7月5日からの大雨により被害を受けられた皆様方へ」として、災害により被害を受けた場合の、申告・納税等に係る特別な手続き等の取り扱いについて紹介されています。

(1)災害により申告・納税等をその期限までにできないとき(交通途絶等)は、所轄税務署長に申請し、その承認を受けることにより、その理由のやんだ日から2か月以内の範囲でその期限の延長を受けられる場合があります。

たとえば、原則として毎月10日が納期限となる源泉所得税及び復興特別所得税の納付について、この度の大雨により被災したため期限までに行うことができない場合には、期限の延長(災害による申告、納付等の期限延長申請)を受ける手続きがあります。
なお、この手続きは、期限が経過した後でも行うことができますので、被災の状況が落ち着いてから最寄りの税務署にご相談いただいても大丈夫です。

(2)災害によって、住宅や家財などに損害を受けたときは、確定申告で所得税法に定める雑損控除の方法、災害減免法に定める税金の軽減免除による方法のどちらか有利な方法を選ぶことによって、「所得税及び復興特別所得税の全部または一部を軽減」できる場合があります。
また、給与等、公的年金等、報酬等から徴収される(又は徴収された)源泉所得税の徴収猶予や還付を受けられる場合があります。

(3)災害により、財産に相当な損失を受けた場合は、所轄税務署長に申請し、その承認を受けることにより、納税の猶予を受けられる場合があります。

(4)災害により被害を受けた事業者が、当該被害を受けたことにより、災害等の生じた日の属する課税期間等について、所轄税務署長に申請しその承認を受けることにより、災害等の生じた日の属する課税期間から簡易課税制度の適用を受けること、又は適用をやめることができる場合があります。

これは、たとえば、災害によって事務処理能力が低下したため、一般課税から簡易課税への変更が必要になった場合や、棚卸資産その他業務用の資産に相当な損害を受け、緊急な設備投資を行うため、簡易課税から一般課税への変更が必要になった場合などに適用されます。

申告・納税どころではない方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、一日も早く日常生活を取り戻せますよう、お祈り申し上げます。


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから

『「知らなかった」では済まされないお寺の税務』(鎌倉新書)

私、浦田泉の著書『「知らなかった」では済まされないお寺の税務』(鎌倉新書)が発売となりました!
170210お寺の税務
この本は、宗教法人の税務に関して、その基本から税務調査の事例まで、2017年時点の最新事情を踏まえて解説しています。

永代供養墓や納骨堂、公益法人、NPO法人など、宗教法人の運営を取り巻く事業は常に変化しています。税務処理も時代に応じた対応が必要です。

また、近頃、宗教法人に対して、税務署からの「おたずね」の文書が届くケースが増えています。
税務署からの問い合わせがあっても、正しい運営をしており、正しく納税事務を行っていれば、なんの問題もありませんが、税務当局に、宗教法人の特殊な運営の実態を知ってもらい、宗教法人側も税に関する正しい知識を身につけることも必要です。
さらに「調査」が来てからの対応では、思わぬ不備も生じがちになりますので、これからの納税シーズンに向けて、特に宗教法人の皆様にはぜひご準備いただきたい一冊です。

宗教法人に関する税務は、株式会社と違うことも多いですので、ご住職やお寺にお勤めの方のみならず、色々な方にご一読いただければと思います!


●『「知らなかった」では済まされないお寺の税務』(鎌倉新書)
※「鎌倉新書オンラインショップ」からご購入いただけます▼
http://kamakura.shop24.makeshop.jp/shopdetail/000000000646/


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから

(つぶやき)経理・税務

私たち会計事務所に、帳簿作成や税務申告を依頼いただくと
お客様側にはある一定の費用がかかります。


お客様の規模や業種、作業の複雑さなどにより
私たち会計事務所がお願いする金額は変わります。

「自分の会社で職員やとって経理全部と税務申告まで担当させてみる!」

という経営者もいます。


そんな時には「はい、それが出来ると一番いいですよ!」と私はお勧めします。

でも次に経営者は言います。
「時給1000円のパートさんで出来ますか?」

私は、出来るか出来ないか、そのパートさんのスキルと能力ですよ、と申し上げるしかありません。


更に経営者は言います。

「パートさんの給与も月8万くらい、年間100万くらい、かかるんですよね〜」

私は、パートさんの仕事にしてもよいし
私たち会計事務所に、依頼してもよいし、
ご判断お任せしますね、と申し上げることになります。

いずみ会計事務所の取材記事が掲載されました!

東京都独立開業支援センターさんのサイトに、
独立開業を支援する会計事務所として
いずみ会計事務所の取材記事が掲載されました!

▼サイトへのリンクはこちら
http://東京都独立開業支援センター.com/

東京都独立開業支援センターさんのサイトは、
独立開業に関して、会社設立・資金調達・事業計画
会計税務・人事労務などのノウハウを提供されています。

さて、東京都独立開業支援センターさんの取材では、
わたし浦田が、どのような経緯や活動を通じて、いずみ会計を
開業したのか。どのような苦労や喜びがあるのかなど、
インタビュー形式で紹介されています。

一般企業へ勤めていた時のことや、開業した頃を思い出して
最初は大変だったなぁと当時を振り返っていました(笑;)

ぜひご覧いただければと思います(^^)

今後も新しい起業家の成長を、経理や税務の面から
支援させていただきたいと思います。

■東京都独立開業支援センター
HP http://東京都独立開業支援センター.com/


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから

◆お見舞い~いずみ会計事務所より~

11日(金)は、東京も激しい地震が発生しました。
皆様、お怪我などされていませんか。
事務所、会社、事務局などに被害はございませんでしょうか。



いずみ会計事務所は、全員怪我もなく無事です。
また事務所はパソコンが倒れたり、書類が散乱したようですが、
幸いにも現状問題はございません。


ちなみに、私はお台場のホテルで会議に出席しておりました。

思いがけず、かなりの強い揺れに、怖くて固まってしまったのですが、
ホテルで放送が流れるなど、情報が得られる環境にありました。


全て交通機関が止まり、やむを得ず、
そのままホテルが解放してくれた宴会場でお泊まりしました。


このような緊急のときにはお互い様!の経験も、させていただきました。

(お菓子のお裾分けを知らない方から、いただいちゃいました!)


取り急ぎ、まずは、皆様の状況をお見舞い申し上げます。


何か今回の地震により、被害あるいはお困りごとがあった方は
どうぞ浦田までご連絡ください。


災害被災の場合に、税法面での対応がとれる事例もございます。


どうぞ、ご連絡ください。