いずみ会計事務所の「ためになるブログ」Season2

東京都千代田区二番町(麹町)で開業している「いずみ会計事務所」のブログです。税務・経理や会計の最新動向から、顧問先企業のご紹介まで、女性税理士ならではの視線で綴ります。

経営

(つぶやき)あの時代はよかった?!

税理士を始めとし、士業の経営も、色々と昔のようにはいかないですね。


まあ、私が知ってるのは、せいぜい20年前の税理士事務所。

知人では、30年前の税理士事務所を知ってる人もいます。

「税理士も昭和時代くらいまでは、経営しやすかった」
という話を聞いたこともあります。


でも私が独立したのは10年ちょっと前の時期なのですが
昔は税理士事務所もよかったらしいなぁ〜とつぶやいても
今の環境が変わるわけではありません。


多分、どんなビジネスも「昔はよかった」という時期があると思います。

不動産業も、飲食業も、卸業も、小売業も
「あの時代はよかった」
という時期がきっとありますよね。


でもやはり「今をどうするか」「これからどうするか」が
いつの時代も大事なことですよね!

(つぶやき)経営を続ける

先日、ある顧問先さんが5周年を迎えました。

「おめでとうございます」
と伝えると
「いえいえ、まだまだヒヨッコです」
と経営者さん。


経営を始めるのは、極端な話、誰でもできますが
何年も経営を続けるのは、誰でもできることではありません。

もっとも、起業するのも、まずは大変ですが。

経営を続けるということは、起業の何倍も大変だと私は思います。


続けられなくなる、つまり、経営ができなくなる
という場面は、ある日突然に起こることもあれば
じわじわと影響を広げてくることもあります。


何にせよ、本当に経営を続けるのは、誰でも出来る話ではありません。
経営を続けるという難易度は、かなり高いと思います。

(つぶやき)経営は難しい

「経営」という仕事は、最高に難易度が高いものだと思います。


学歴が素晴らしくよいからカンタンにできる、というものではありません。

経営学を学んだだけ、でも難しいでしょう。


さらに、例えば、語学が出来る、営業が得意、人望が厚い、人脈がある、などなど
「どれかの単品」スキルだけでも、経営は難しいです。


「経営という仕事は、とても難しい」

だから、経営を勉強する本や、研修も、常に世の中にたくさんあるのでしょうね。

(つぶやき)では3年目、4年目は・・・?

先日、「自営の一年目は厳しい」という話をブログに書きました。


一年目は厳しい、二年目は一年目より若干いいけど厳しい。


では、三年目は?四年目は?、、、、

年数経過すると、どんどん楽に経営できるとしたら、何も言うことはありません。

なかなか思ったとおりにいかないのが、自営業のフツーです。
一年たって、経営が楽になるなら
世の中に倒産する会社がでることもありませんよね。

一年目とは違う厳しさが、この先に待ち受けているのです。

そう思えば、最初から、ある程度は覚悟も出来ますよね。

(つぶやき)1年目はきつい?!

「自営業って、一年目はきついですね」

とは、どの業種の経営者もつぶやく定番の話です。

本当に業種の違いはありません。
一年目は「当たり前に」厳しいのです。


もちろん、二年目が急に楽になるわけではなく
「一年目ほどには」厳しくない、というところでしょうか。


でも、一年目の厳しさ、に比べたら
二年目の厳しさは、「経験済みの範囲」になるかと思います。


いずれにしても、自営の一年目は厳しい、のがフツーのようですね。