いずみ会計事務所の「ためになるブログ」Season2

東京都千代田区二番町(麹町)で開業している「いずみ会計事務所」のブログです。税務・経理や会計の最新動向から、顧問先企業のご紹介まで、女性税理士ならではの視線で綴ります。

経理担当者

(つぶやき)経理担当者の目利き

私は、前にもブログに書いたりしていますが
多くの「社長」とお仕事で出会いまして
多くの「経理担当者」とも、お仕事でご一緒してます。


税理士事務所という仕事では、顧問契約があれば
社長が交替してもしなくても、ましてや経理担当者が誰であろうが
仕事をご一緒させていただくことになります。

ですから、経理担当者は多分1000人くらいの人をみてきました。

私の採用経験は職員数名、といったところですが、
仕事柄、経理担当者に合う人、合わない人の見極めには「勘」が働きます。

営業マンの優劣や、そういうのは分野外で申し訳ありませんが
初めてお会いしても、経理担当者さんは、仕事っぷりまで、何となく想像できます。

経理担当者さんも、実は色々なタイプの方がいらっしゃるんですよね!

経理の仕事は、奥が深いですよね。

(つぶやき)経理担当者の退職

私の業務で突発的にありること。
しかも、発生したときにはあれやこれやと、
業務が増加することがあります。


それは顧問先の経理担当者の退職、です。


大企業であれば、経理担当者の退職も
社内でしっかり引き継ぎがあり、またマニュアルも存在するため、
外部の税理士に何か相談があるのは少ないでしょう。

しかし、中小規模の企業では、経理担当者の退職は
かなり大きな出来事になります。


後任の経理担当者を探す話、また引き継ぎの話、
後任の経理担当者への留意点の話
色々な業務の部分を、税理士が少しお手伝いすることになります。


どの顧問先の経理担当者さんでも、定年もありますし
いつかは辞めるのはやむを得ません。

でも出来るだけ長く勤務して、後任への引き継ぎもしっかりと・・・
と期待したいのは、私だけの欲張りではないはず、ですよね?

(つぶやき)専門的な職種

経理担当の方には、残念ながら、あるとき中途退職してしまう、ということがあります。

どなたでも、雇用者である限り、定年前に自己都合で退職することはあり得ます。

経理担当者さんについては、次もまた、どこかで経理事務の能力を発揮することがほとんどですね!


それだけ、専門的な職種なのだと思います。

(つぶやき)経理担当者

経理を担当する方は、基本的に真面目な方が多いです。
もちろん、お金周辺のことですから、真面目な方でないと勤まりません。


この経理担当で真面目、という中にも、若干の違いがあります。


いわゆる優秀な営業マンの中にも、若干の違いがあるのと同じです。


営業マンは営業成績という目に見えやすい結果がありますが、経理業務はそういう指針がわかりにくいのが難点ですね。