いずみ会計事務所の「ためになるブログ」Season2

東京都千代田区二番町(麹町)で開業している「いずみ会計事務所」のブログです。税務・経理や会計の最新動向から、顧問先企業のご紹介まで、女性税理士ならではの視線で綴ります。

観光

今年の夏休みは、真夏の沖縄県那覇へ!

昨年、仕事で訪問した那覇
東京と違う街並みと、どこか異国情緒のようなものが漂うのがとても新鮮で魅力的でした。
もう一度、今度は仕事ではなく訪問したい!と思っていたのを、今年に入って実現しました。

訪問したのは8月上旬。
この頃は台風が日本の近くをたくさん通過していましたが、幸いにもうまく避けながら、沖縄に到着。
到着したら偶然、県大会のエイサー祭りというイベントが開催されていました。

夏休みシーズンとはいえ、空港から市内から、とにかく観光客が多いな、という印象でしたが納得です!
国際通りという繁華街では、エイサー祭りとお祭りに関連した様々なイベントが開催されていて、交通規制もされていました。
とにかく大盛り上がり、最高の賑わいでした。

国内唯一の免税店(日本人でも購入できます)で化粧品などを見て、首里城を見学し、沖縄の踊りを堪能し、街中にあるシーサーの置物を眺めるのも楽しかったですね。

街中だけでなく、近くの海にも行きました。
沖縄の海の透明感に、改めて感動!
有名なビーチなどではない、さりげない海でも、その美しさを見ているだけで癒されました。

沖縄のおそばを食べ、オリオンビールを飲み、お土産はちんすこう
食事の面でも「観光客」を楽しみました。
沖縄のグルメは、いわゆる和食とは少しイメージが違いますが、おいしいですよね。
堪能しました!

それにしても、海外からの観光客が多かった那覇市内です。
よく韓国語や中国語で話しかけられました。
確かに、見た目だと国籍の区別が難しいかもしれませんよね(^^;

また、いつか沖縄に旅行に行きたいと思います。


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから

沖縄のお取引先に出張しました!

いずみ会計は東京都千代田区にある会計事務所ですが、実は顧問先さんは日本全国にいらっしゃいます。(いずみ会計では、日常的にはメールのやり取り等でサポートができるので、全国にお客様がいらっしゃいます!)

今年は、沖縄県那覇市にあるお取引先様とご縁ができまして、ご挨拶も兼ねて詳細な打合せをすることにしました。

ということで一泊二日の沖縄出張、してきました!
もちろんお仕事がメインですが(本当ですか?という声が聞こえる…?!)、お仕事が終わった後帰りのフライトまでの時間は観光することもできました。

41ebfb1ea2a1818311d9f0f04d58b34c_s


10月某日、出張初日は幸いお天気もよく、30℃を超える真夏日の中、打合せも無事に終了。
仕事が終わったのはちょうど夕方でしたが、まだまだ日が高く、東京だと15時くらいの明るさでした。
日本は東西にも長いのね!と実感しました。

仕事も一段落したので、あまった時間で(?!)観光に行きました!
まずは、ゆいレール(モノレール)に乗り、首里城公園へ。
思っていたより広く、園内には史跡も多く残されており、琉球時代の文化を感じてきました。

続いて向かったのは、免税店
沖縄は、たとえ日本人であっても、沖縄以外の地域に移動することが証明できれば(私の場合、羽田空港行きのチケットを提示しました)免税店でお買い物ができます。
国内にいながら、海外旅行のようにDFSでのショッピング。
何だか、不思議な気分でした。

その後はお土産屋さんをブラブラしながら「国際通り」という繁華街に出てみました。
ここは観光の定番スポットらしく、お土産屋さん、飲食店などが軒を連ね、たくさんの人でにぎわっていました。

出張2日目。
沖縄に来たからには、ぜひ海が見たい!とホテルから一番近い海水浴場と海際の公園まで歩いてみました。
海は本当にきれいでした。透き通った海は、手入れの行き届いたプールのようなさわやかな透明感!
もう10月なのに、海岸には海水浴で遊ぶ人、ビーチバレーする人、釣りをする人…めいめいが海を楽しんでいました。
それにしても10月になっても海に入って遊べるとは、さすが沖縄!とびっくりしました。
d29c78ca3b230b25f72d86c3b5b4eb17_s

海岸を後にして、那覇市歴史博物館へ。
小さな資料館でしたが、私にとっては初めて見る展示品ばかり。
琉球王国時代のカンムリ、着物、カンザシ、などなど、1つ1つの展示品をじっくり見て堪能しました。

10月でもまだ夏の気分が味わえる沖縄。
街中は「かりゆし」シャツ姿の方がたくさんいて、柄も色々で、何だか華やかな気分になれます。
役所関係のビルの入口にも、シーサーがちょこんと座っていたりして、仕事とはいえ南国の気分を満喫してきました。
今度はプライベートでのんびり、行ってみたいですね!


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから

魅惑の観光地、ケイマン諸島?!

2016年がはじまり、1週間がたちました。
多くの方が仕事始めを済ませて、少しずついつもの日常に戻りつつあるのではないでしょうか。

私は4日が仕事始め。初日からいろいろな方にお会いして、ご挨拶したり、お正月の過ごし方をうかがったり、年のはじめらしい1週間を過ごしてきました。

そんな年始のご挨拶の中で、珍しい場所へ旅行された方のお話をうかがいました。
ブログでのご紹介をご快諾いただいたので、少しお話したいと思います。

珍しい場所への旅行、そこは…ケイマン諸島!

ケイマン諸島、というとタックスヘイブンで有名なところ。
私も真っ先に「タックスヘイブン!」と思いましたが、知っている情報といえばその程度。

ということで、その方に、ケイマン諸島の地図を見せていただきました。
ケイマン諸島は、キューバの少し南にある島々で、グランドケイマン島、ケイマンブラック島、リトルケイマン島の3島からなるイギリスの海外領土だそうです。
ちなみに、この方が訪れたのは、グランドケイマン島だそうです(^-^)。

次に見せていただいたのが、壁一面に小さな引き出しのようなものがついた写真
これは、引き出しタイプのポスト(郵便受け)が並んでいる写真でした。
ポストのアップ写真もあり、そこには番号と鍵穴。ネームプレートはありません。

しばらくすると、鍵をじゃらじゃらと下げた係員のような人がポストを順番に開けて、郵便物を回収し、オフィスへ引き上げていったようです。

もしかしたら、セキュリティのしっかりした私書箱のようなもの、でしょうか?!
私なんかは「なるほど、さすがタックスヘイブンの国!現実を見ると勉強になるなー」と思いましたが…(^-^;;

それはさておき、ケイマン諸島はリゾート地としても有名だそうです。
毎日気温は30度、抜けるような空と海、砂浜、どこまでも続く道、椰子の木々…見せていただいた写真は、まるで絵画か映画のワンシーンを見ているような素敵な南国の風景ばかりでした。

ケイマン諸島、タックスヘイブンという肩書きしか知りませんでしたが、素晴らしい自然に囲まれた南の小さな島という印象のほうが強く残るような、美しい光景でした!
時間があれば私も訪問してみたいな、と思いました(^-^)。


いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから

ダイナミックな大自然と美しい都市はあこがれの的!―ノルウェー観光―

今日は、私が行きたい!と願いつつ、なかなか行く事の出来ない国について少しお話しさせていただきます。

年末になると、行きたい気分が高まる―その国はノルウェーです!

ノルウェーといえば、何といってもフィヨルドに代表される雄大な大自然!
中学・高校の地理の時間に習った方も多いかと思いますが、フィヨルドは、氷河によって浸食された入江・湾のこと。
ノルウェーのフィヨルドを写真で見ると、山の間を流れる大きな川のように見えます。

DSCF0929

日本では見ることの出来ないような雄大な景色は、いつも細かい仕事をしている私にとっては、かなりの癒しになること間違いなし?!
沿岸(というのでしょうか?)に点在する村は、どこもまるでおとぎ話に出てくる村の様に可愛らしく、メルヘンチック
雄大なだけでなく、可愛らしさもあるフィヨルド-心ひかれます。

また、ノルウェーには、オーロラの人気観賞地(トロムソ)もあります。
オーロラも日本では見られないダイナミックな自然ですよね!

首都のオスロ芸術活動が盛んに行われている美しい街ですしい、ヴァイキング文化や先住民族の文化(サーメ文化)も、日本の文化とは一味違う趣があります。
ノルウェーの魅力は大自然だけではない!というところも心ひかれるポイントです。

クリスマス前後になると、なんとなく北欧っぽいアイテムが世にあふれるからか?!私のノルウェーへのあこがれも高まります。

訪問の機会に恵まれることを願いつつ…
今年の「ためになるブログ」の締めとさせていただきます(^-^)。
今年も「ためになるブログ」をお読みいただき、ありがとうございました。
どうぞ良いお年を!

※いずみ会計の年末年始の営業について※
12月28日(月)まで通常どおり営業しております。
12月29日(火)から1月3日(日)まではお休みとなります。
1月4日(月)から通常どおり営業いたします。

(つぶやき)語学

夏の間は、外国からの観光客の方がたくさんいらしたようですね。


私の事務所がある麹町は、いわゆる観光地ではありませんが
都内地下鉄を移動していると「TOKYO」とあるガイドブックや地図を持ちながら
案内版をみたり、地下鉄路線図の前で立ち止まるグループをよく見かけました。

夏休みも終わり、随分と観光客は減ったかもしれませんが
それでも、やはり時々、観光客を見かけます。


改めて見ると都内の電車などは、英語の案内がたいてい並列で記載されてます。

私は語学が不得手のままになってますが
語学はこれからのビジネスに、更に欠かせなくなるでしょうね。