いずみ会計とご縁のある公益財団法人日本ケアフィット共育機構(以下「日本ケアフィット共育機構」)は、「おもてなしの心」と「安全な介助技術」を修得する「サービス介助士」の学びを提供する公益財団法人です。
今回は、その「サービス介助士」の資格取得者が15万人を超えた、というニュースをご紹介いたします!

「サービス介助士」とは、高齢な方や障がいがある方への介助の心得と安全な技術を学ぶ資格です。その特徴は、高齢の人や障がいがある人を手伝うときの「おもてなしの心」と「介助技術」を学び、相手に安心していただきながらお手伝いができる人をめざしている点。
たとえば、
「車椅子(車いす)ご利用の方にお声かけや介助をする際、立ったままお声かけすると上から見下ろすような姿勢になってしまいます。お手伝いの方法や介助技術が正しくとも、おもてなしの心が伴っていなければ、適切な応対にすることは難しいでしょう。
また、一言に『車椅子(車いす)利用者』といっても、利用されている理由は人それぞれです。サービス介助士資格取得講座では介助技術の修得と同時に、おもてなしを実践するために必要な心構えや接遇も学ぶことができます。」(日本ケアフィット共育機構)
といったように、単なるお手伝いの提供だけでなく、人と向かい合って、「手伝って良かった」「手伝ってもらって良かった」と感じ合える関係づくりの出来る人-それがサービス介助士だといいます。
180202サービス介助士
現在、約 1000社の企業が、サービス介助士の学びを導入。サービス介助士は、交通機関、宿泊施設、デパートなどの小売店、金融機関などで、高齢な方や障がいがある方のさまざまな生活シーンをサポートしています。
また、ボランティアや普段の生活の中で、学んだことを活かしている方も多いんですよ。
180202サービス介助士マーク
(サービス介助士マーク)

サービス介助士が15万人を突破した、というニュースは、「おもてなしの心」と「介助技術」を学んだ方がそれだけの数いる、ということに他なりません。
超高齢社会で高齢な方が街に出る機会が増える、ハード面の充実により障がいのある方でも外出しやすくなった-そんな現代だからこそ、サービス介助士の果たす役割は、ますます大きくなりそうですね。

サービス介助士の今後の活躍にも、ぜひご注目ください!

●サービス介助士の詳細や受講お申込はこちら▼
https://www.carefit.org/carefit/system/

■公益財団法人 日本ケアフィット共育機構HPはこちら▼
https://www.carefit.org/carefit/